「文字を読まない」???音読って

2018-04-11
実感を伴う声
頽廃的に実効性のない教室の音読
これ一つにも国語教育の重要な問題点が・・・

今月号『教育科学 国語教育(4月号)』(明治図書)の第二特集(特集は「授業開き」)が「音読・朗読・群読」であり、当該特集の「提言」を執筆させていただいた。題して「文字を読まない音読・朗読・暗誦」とした。はて?そんなことがあり得るのかと疑問を抱く向きも多いと思うが、もちろん皮肉たっぷりな表題であるとご理解いただきたい。だが「文字を読まない」でもできるというのが僕自身の実感であり、「読んでいるうちは駄目」というのが「朗読」の真髄でもあろう。「暗誦」などはもとより「文字を読まない」と反論されそうだが、「文字を読む」ごとく無機質に内容との連関を持たずに覚え込まされる暗誦ほど、学習者にとって苦痛で意味のないものはない。(ただ「素読」のようにその場では意味がないように見えても、後の学習段階で活かすことができれば意義深い過程となることをお断りしておく。)

宮崎で懇意にするフリーアナウンサーの方が、「語り」の公演をされていて時間が許す限り興味深く拝聴している。彼女の弁を借りるならば「『読んでしまう』と作品が聴き手に伝わらない」のだそうだ。それゆえに短編小説でも丸々と身体化して、公演では何も見ずに作品を諳んじる。まさに「語り部」の営為なのである。この日は新年度最初のゼミで、この「提言」をもとに議論を展開した。予想はしていたが、「音読」の問題を考えると多くの「国語教育」上の問題が浮き彫りになる。過去の「国語授業」そのものを批判的に見て、「音読」の意義を考えるとかなり目的を伴わない活動を発見することができる。まず自己の教育経験を批評的に相対化する契機ともなり、予想以上に活発な議論に初回のゼミとして意義深いものとなった。

「よむ」行為を考える
あなたに伝えたい声でよむ
活きたことばとは何かを常に意識したい。


関連記事
tag :

多様な受講生が生み出す学び

2018-04-10
新たな担当講義
1年生配当教科専門科目
『伊勢物語』で恋を語ろう

今年度から、教科専門科目である「国文学講義」を担当する機会に恵まれた。これまでの5年間は教科「教育」科目の担当が主で、3年次配当のものがほとんどであった。まず教科専門科目は1・2年次配当、入学したばかりの1年生に大学での「学び」を講ずるという役目もあるように思う。また専攻の学生のみならず他のコースの学生や留学生も受講するとあって、ほぼ「教師志望」の学生のみである3年次科目との違いも際立つようだ。このように目的や趣向の多様な学生たちと「学び」を創ることは大変面白い。「異質」な考え方が混沌としてこそ「文学」の講義としては意味があるだろう。

この講義の教材は『伊勢物語』、その和歌に恋の心情を様々に読んでいくことを目指している。この日はまず「(古来から)文学に描かれるテーマとして多いものは何か?」という問いに、まずは各自の考え方を挙げてもらった。その回答はまさに多様であり、これまでの学生たちの経験を背景により成り立っているように思われた。もちろん「恋愛」も何人かが挙げたが、大局的に歴史や社会を挙げるものも目立った。所謂「晴」と「褻」の両面を文学は描くのだということを如実に表しているようにも思えた。それにしても思っていたよりは人数も多く、多様性も豊かな受講生であった。さて来週からの講読がさらに楽しみになって来た。

さらに講義の授業戦略を練る
「素読」「講釈」「輪講」「会読」「質問」「復読」
そして「創作」などへ・・・俵万智さん著『恋する伊勢物語』も紹介。


関連記事
tag :

温まる和やか広場

2018-04-09
公共温泉のやすらぎ
「いつも」の時間に語り合う馴染みの顔
支配人さんも毎度歓迎のお言葉を・・・

健康な生活を続けるために、日々欠かせないものがある。一つはジムでのトレーニングであるが、昨年ぐらいから温浴が加わった。ジムで筋トレをすれば、必然的に休養日が必要になる。ウエイトをかけて筋肉に負荷をかけると筋断裂が生じ、それを修復することによって筋肉が鍛えられる。何事もこうした「負荷」をかけなければ、維持はおろか退化してしまうのが道理なのだろう。もったいぶって使用しない靴の底が、急に剥がれてしまったりするのも同じ原理のように思うことがある。もちろん脳内も分野ごとに使用する部位が違うことが脳科学の成果で明らかにされているが、自分が発揮したい脳力の部分は特に日常的に”動かす”ことが必要であるように思う。

さて、その筋断裂修復日に至近の公共温泉に出向く。いつも閉館時間の1時間前の時間帯が空いているのをいいことに、一定の時間に入浴する。するとやはり同じ趣向でいらしている地元の方々がいらして、すっかり顔馴染になり「床屋政談」ならぬ「風呂屋世間話」に花を咲かせている。スポーツのこと、地元グルメのこと、地域の些細な話題は、なかなか大学内では得られない情報で別種の脳内を刺激してくれる。まさに「裸の付き合い」が泉質に相まって心地よい。また当館の支配人さんも和やかな方で、いつも玄関口でお会いすると笑顔で応答してくれる。従業員の女性の方も含めて、「今日は・・・ですね」という常連の勲章たる声かけが嬉しい。まさに「MY温泉」よろしく、筋断裂が張りのある生き甲斐に変換される。

身体を温める絶大な効果
人と交われば心も温まる
こうした場に自治体が投資する真に豊かな地方でありたい。


関連記事
tag :

共感し不思議がる春の素材ー第322回心の花宮崎歌会

2018-04-08
身近な素材と場面
わかりやすい語彙・比喩
そして心を止める不思議さも

第322回心の花宮崎歌会が開催された。先月は大学短歌バトル当日が開催日で出席できず2ヶ月ぶりの参加ですっかり春と思いきや、この日は冬の気温であった。冒頭に事務局から諸連絡があり、その後に大学短歌バトルの出場報告が学生から、僕も観戦した感想を少々述べさせてもらった。新年度となって新入会の方や見学の方も含めて大変盛況な歌会となり、出詠数も44首にのぼった。互選得票は4票=1首、3票=5首、2票=4首、1票=13首という結果となり、これらの歌から批評をはじめる。春はじまりのときに希望に満ちて草花の芽吹きや新生活への変遷に取材した歌も多く、やはり年度替りの節目と季節感が切り離せないテーマとして文化的に根付いていることが感じられた。

互選票の多かった歌の素材を眺めてみると、「コンビニ」「嵩上げの街」「道の駅」「あまおう」「猫のひげ」「春のひかり」などであった。いずれも身近で誰しもがわかる素材を対象として、具体的な場面を思い浮かべることができる。また的確かつ意外性のある比喩、擬人化の視点が凝っている点などに複数の批評が向けられて、重層的な読みからさらに歌の魅力が浮き彫りになる。身体動作的に表現するならば、「差し込んで引き取る」とでも言おうか。「わかる」という共感を読者に抱かせつつ、不思議がらせる意外性のツボに落とすという点が重要であるという話題に学びが多かった。個人的には「春の闇」と古典和歌的素材表現と動物的身体的官能性のある歌に魅せられ1票を投じた。この歌の場合は「古歌を踏まえる」ということ、また自らの歌の場合は文語で時制の重層性を描こうとしたが、多くの読書にとって身近でわかりやすい窓口まで行けなかったと言っておこうか。

若い人も増えて新鮮なムード
懇親会もまた賑やかに
ゼミの新卒社会人が、就任1週目の疲れもみせず参加してくれたのが嬉しかった。


関連記事
tag :

君が国文学を選ぶのは

2018-04-07
英語・社会そして国語から専攻選び
文系教科の中から決め手となるのは
自分自身があれこれ考えた階梯でもあり

小学校の教員は担任制で、全教科の授業を担当することになる。その全教科というのは、まさに人類が歩んできた知性そのものだと思う。だからこそ個々人の能力の範疇では、当然ながら得手不得手があり志向が異なるものだ。すべてにおいて万能であるというのは、むしろ胡散臭い気がする。よって小学校教員を養成するにあたっても、個々の拠り所とする専攻が必要であるはずだ。そのような環境で養成された多様な教員が、「学校」という場に集まり互いに刺激し合って子どもたちを育てていくことで豊かな思考が育つのである。「いつでもどこでも誰がやっても同じ授業」という謳い文句は、ある意味で理想的に見えるが、教育のファーストフードマニュアル化のように思えてしまい、実は危ういのではないだろうか。

振り返りますれば、自らが国語国文学を選んだ理由は何か?高校生の頃は、体育も含めて社会(歴史)・英語・国語のどの教科の教員になろうかとあれこれ模索した記憶がある。体育は部活をしていたからでもあるが、競技選手として大学で専門に行うには技量が乏しいと悟った。当初は苦手であった英語であるが、ある高尚な先生と出会ったことで得意科目となった。だが実は日本語との表現の比較に興味があることを悟り、日本文化のあり方について考えたくなった。ならば日本史か国文学か、という選択が最終的に残された。そこで考えたのは、人間の社会との関わり方を中心に考えるか、個々の人間の生きたこころを考えるかではないかと思うようになった。特に詩歌を愛好すれば、なおさら人のこころを考えたくなった。こんな過程で僕自身は国文学を選んだ。もちろん大学入学後も制度的に2年次から専攻が決まるので、その段階で日本文学か中国文学かも迷ったこともあった。

小学校教員としての専攻教科
中高教員志望者とも交えて多様な学びを提供したい
国語国文学を選んだ君に、意義深い学びを提供しよう。



関連記事
tag :

暗闇があまりにも暗いとき

2018-04-06
「暗闇が深い時こそ、星が輝いて見える」
(キング牧師の演説から)
「私には夢がある」だが今は何なのだろうか?

あまりにも暗澹たるニュースばかりで、思わず涙ぐんでしまった。政治家は隠蔽体質の責任を官僚に押し付け、知らぬ存ぜぬ確認します。尊い命への応急処置に際し、確固たる「伝統」とも思えぬ旧弊を振り翳し慈愛の心を踏み躙る。102歳で原発による避難を強いられ転居を断り自死したという男性に対する電力会社との訴訟で、男性側が勝訴したというが尊い命は戻らず。そして極めて低俗的にも、プロ野球の応援席で広島カープに対して相手方の球団を応援する側から「原爆落ちろ」の野次的なコールが。もうこの日本社会は、僕たちが気づかないうちにその腐敗度合を、深刻な危険水域まで深めてしまったようなことばかりである。

米国ではキング牧師没後50年、1968年4月4日牧師はやはり銃弾に倒れた。「私には夢がある」多くの英語教科書にも掲載された有名な演説。日本語に訳すのも憚られるほどの、訴える力を持った演説の映像・音声である。だがその「Dream」が今や横暴な為政者の出現で、時代を逆行してしまっており米国社会の分断はやはり深刻な影を落とし始めている。横暴さは限度を知らず「教師が銃を持て」と銃規制どころか、暗闇を招く発言を平然としてしまう。だが全米各地で高校生を始めとする若者が立ち上がってデモで訴える姿は、聊か救われた気持ちになる。キング牧師のお孫さんも切実なる演説で祖父の言葉を引用しながら訴えた。そう、やはり希望は捨ててはいけないのだ。横暴を許すのは、僕たち一人一人であるとあらためて自覚すべきかもしれない。

闇を見よ星は輝く
己がどこまで闇の中にいるかを日本人は特に自覚しない
天が崩れ落ちて来ることはたぶんないのである。


関連記事
tag :

3分間で教科の魅力を

2018-04-05
新入生ガイダンス
専攻決定のための説明を
「国語」の魅力を3分間で・・・

大学受験を終えたばかりの新入生は、とりわけ「国語嫌い」が頂点に達しているように思うことがある。それは、「英語」の力はたぶん一生のうちの一番高いという日本の教育の皮肉と相まっている。1年生の講義では「国語の何がどのように嫌いであったか?」を、書いてもらうようにしている。「登場人物の心情を考えること」「作者の意図を答えること」などには、結局は「先生の作られた解答のみが良しとされる」ので嫌悪される。また教室で行われる「指名音読」も、誰も聞いていない中を、指摘を受けながら読む”苦行”であるため嫌悪度合いが高い。この日のガイダンスではまず、こうした点を嫌悪しなかったか?という問いを投げかけることから始めた。

30名ほどの小集団に対して3セットで専攻教科の説明。「国語が嫌いな人?」と問えば、半数ぐらいが手を挙げる。「君たちこそ国語講座に来るのに適した人」として、「その嫌いだった点をすべて理論的に大学では解明する」と投げかける。また「君たちはスマホでSNSで言葉をやりとりしているだろう」と投げかけて、「相手の言葉の真意を読みやすく、また相手に伝えたいことを的確に表現できるようになる」のが国語専攻であると紹介。「国語学」「国文学」「漢文学」「書写」の分野によって講義単位は構成され、3年生以後は「教科教育法」を学ぶ。これらが総合して「君たちは小中高生に『国語』を教える力が身につく」と説明をした。最後にはもちろん「白鳥は哀しからずや・・・」と牧水の短歌に触れて、自分自身を起ちあげてこの短歌を読んでみようと提案して話を締め括る。

さて何人が「国語」を希望するだろう?
小学校免許を主にしたコースは特に・・・
また新たな輝く眼に短歌のこころに出逢ってもらいたい。


関連記事
tag :

「しっかり」誤魔化してくれますね

2018-04-04
学生に聞くと「しっかりやる」
政治的不祥事も「しっかり」解明するとか
NHKさんもそうそう「しっかり」連発しないでおくれ・・・

世間はすっかり「しっかり」ブームである。政治家・官僚からして何かと不祥事は「しっかり対応する」と言うだけで、その多くが虚偽であることが明らかになることの連続。スポーツ選手のインタビューを聞けば、ほとんどの競技で「しっかり」が何度使用されるか?まだ選手たちは結果を残しているから「しっかり有言実行」なので許せる。日常的に学生と話していてもその傾向は否めず、何らか痛い点を指摘すると「しっかりやります」と多くの学生は答える。例えば、「(教員採用試験の)勉強は進んでいますか?」と問えば、「しっかりやります」という具合だ。この学生の答え方に典型的なように「しっかり」を使用した場合には、具体的な行動をしていないことが裏打ちされると考えてよいように思う。

国会答弁にこの「しっかり」が目立つという指摘が昨今されているが、先輩の辞書編集者である神永曉さんが「日本語どうでしょう」(ジャパンナレッジWeb)にその調査結果を記している。どうやら2002年頃の小泉政権頃からその使用頻度が急激に高まった語彙であると云う。やはりそうか、所謂「劇場型政治」に「しっかり」はつきものなのだ。「劇場」を超えて今や「闇の世界」のような国会。語彙使用には五月蝿いはずのNHKニュースを観ていても、やはり「しっかり」は連発、昨夜などは同じコメント場面で男女が1度ずつ「しっかり」繰り返し呆れた。他者が直近に使用した語彙なら、むしろ「ズラす」のがコメントのコツではないのか。しかもニュースの構成順番や配分率などにも、微妙な「闇」の影がちらつかないか。映像コメントなどは、ご都合主義で編集されていることを、我々は「しっかり」認識しておくべきであろう。

「しっかり」を使わない方法
具体的に「何をどのように行動するか」
教育の現場でも安易に「しっかり」が頻用されていることを憂う。


関連記事
tag :

まっすぐな青春ー勝手にシンドバッドの胸騒ぎ

2018-04-03
「胸騒ぎの腰つき」
あの頃歌いながら衝動を・・・
サザンオールスターズ40周年に向けてCMで名曲が

今年の6月25日で、サザンールスターズがデビュー40周年を迎える。昨年の桑田佳祐さんソロライブ「がらくた」で、会場から帰る際に1人1本づつ缶入りサイダーが配布された。そのパッケージにはサザンメンバーの影とともに「See you in 2018」とあって、40周年の企画を予感させた。新年度になってすぐの昨日、どうやらそのサイダーのCMがオンエアされたとWebの情報で知り早速動画を再生視聴した。第1弾は鮮烈なデビュー曲「勝手にシンドバッド」を使用したもので、2人の男子高校生が爽やかな青空のもと、海岸沿いの道を自転車でまっすぐに疾走している。しばらくすると、階段を登る制服姿の女子高生が映り曲の歌詞は「胸騒ぎの腰つき」となる。そして振り向いた美女の笑顔よろしく、自転車で走っていた男子2名が海に向かってサイダーを飲んで「頑張ろう」と誓い合うという映像に仕上がっている。

まさに「勝手にシンドバッド」の曲は、青春には欠かせない曲であった。修学旅行のバス内ではクラス全員で「ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラララ」を連呼して盛り上げたし、「砂まじりの茅ヶ崎」と云うフレーズに踊らされ湘南に赴いたりもした。サイダーのCMは「まっすぐな青春編」というタイトルが付されているが、どうやら僕らから前後10年ぐらいの世代が、青春を経てほろ苦い恋もして大人の階段を登る過程をシリーズで描きそうな予感である。こう考えるとまさに僕などは「サザンの曲とともに生きて来た」といっても過言ではない。そしてそれは今も変わらない。桑田佳祐という類稀な才能を持った音楽家と同じ時代を生きていることに、あら貯めて感謝する気持ちが湧き起こるのである。あらためてまた今も、「ラ・ラ・ラ」を連呼して自転車で真っ直ぐに疾走するごとく生きよと言われているようでもある。

「胸騒ぎの腰つき」
たまらない衝動をいくつも抱えて僕らを解放してくれる曲
サザンオールスターズ40周年をさらに楽しみたい!


関連記事
tag :

この初心なるいまを忘るな

2018-04-02
新年度初日
卒業生にメッセージ
明日には辞令交付式との

新年度初日が日曜であったが、いずれにしても新たな気分の朝であった。ここのところ新年度の態勢を整えるべく研究室の整理に赴いているが、5年分の保存資料の置き場にはあれこれと思案しなければならない。また書棚の構成も担当科目の変化に伴い、徐々に入れ替えをしていかねばなるまい。この何かが始まる胎動を感じるような時間は、悪いものではない。研究でも教育でも、新たな構想に胸を踊らせるのは楽しいものだ。その環境づくりには、労を惜しむべきではないと常々思っている。

夕刻になって馴染みのカレー店に出向いた。以前はゼミ生がバイトをしているという縁もあって、居心地のよい店である。すると卒業生たちはどんな新年度を迎えているかと気になり、グループメッセージを送信した。最近は便利なもので、普通にゼミで会話をするかのように全員が言葉を交わすことができる。その全員が「明日が辞令交付式です」とあって、いよいよ社会人・教員としての前夜に胸を踊らせていることが伝わって来た。そのメッセージの言葉には、生き生きした「初心」が込められていた。そう!この夜の「初心」をいつまでも忘れず、立派な教員として歩んで欲しい。

謙虚かつ信念を忘れず
まさに「染まずただよふ」の境地
今頃はちょうど職員室で、ぎこちなく動いている新人教員の姿が浮かぶ。


関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>