俳句と落語の共通点

2018-06-11
「囲いができたね」
「へえ〜」
小咄も余計な情報を極力削ぎ落とすこと・・・

先月も宮崎で独演会を開催した親友の落語家・金原亭馬治師匠が、「NHK俳句」にゲスト出演した。先月の段でも聊かその内容について話してくれてはいたが、実際に放送となりあらためて気付かされた点も多かった。冒頭に記した小咄は、ついつい「〈隣の空地に〉囲いができたね」などと〈  〉部分を入れてしまいがちだ。すると聞いたものは個々の内に、「隣」や「空地」のことを想像してしまい、肝心の「下げ」に集中しない場合があると云う。説明はせずに聞き手・読者の想像に委ねるという点で、俳句と落語には大きな共通点があると云うのだ。また所謂「比喩」に関していえば、何らかの「小道具(アイテム)」に託すというのも共通な方法。著名な「笠碁」という演目では、碁を打つ友人同士が「待った」に関して喧嘩となり、双方が二度と碁は打たないと豪語していたが、相手の家に「煙管入れ」を忘れてしまう。その心は「日常で必ず必要ではないが、なければ淋しくてたまらない」ものという趣旨が、双方の友人の存在と重なり合うのだと云うことだ。

「小道具(アイテム)」一つに「比喩」を込める、このあたりは短歌以上に俳句の読みの上で重要であるということになるだろう。また、講談と落語の違いについても師匠から実演を含めた紹介があった。講談は「よむ」ものでナレーションで話す、落語は「語る」もので登場人物に語らせる、といった違いがある。所謂、場面を説明していくか、それとも劇仕立てで再現するか、といった違いとなると云うわけだ。この点は「描写」を考える上で、大変参考になった。番組後半では馬治師匠自身の俳句「青あをと髪刈り上げて梅雨よ来い」が紹介され、選者の添削が施された。「梅雨よ来い青あをと髪刈り上げて」と結句を初句にに上げるだけで、大変引き締まった句になるものだ。これは短歌においても上の句と下の句を反転させる推敲が有効である場合があるのと共通している。選者の添削において、「犬猫と」とすれば作者が句の中に、「犬猫は」とすれば句の外に、といった助詞使用の指摘なども参考になった点である。

短歌ができない時には俳句を読んでみる
日本の短詩系と話芸・落語との交響
馬治師匠が僕に曰く「短歌は落語に出づらいですね」


関連記事
tag :

時に「ニュートラル」へと身を置く

2018-06-10
予定に拘束されない
「次は何?」と焦らない
心を解放し親子・親友と和むときを・・・

最近特に「休日」の意義を深く実感している。研究学会やその他の諸行事で、なかなか土日も儘ならない時季が続いて来ており尚更である。勤務規定上では、もちろん土日出張の代休は取れることにはなっているが、なかなかその「代」となる「日」が見当たらないのが現状である。このように考えると、4月以降初めてとも思える予定のない週末を迎えることができた。「何事」にも追われずに、気持ちをまさに「ニュートラル」にしておくことができる時間となる。などと書いたところでこの「ニュートラル」の意味・用法が気になった。『日本国語大辞典第二版』に拠れば、「(1)争っているいずれの側にもつかないこと。また、そのさま。中立。」「(2)機会の動力伝達装置が動力と切り離され。ギアがかみ合っていない状態。」「(3)無彩色や彩度・明度のひくい、あいまいな色。灰色、白、黒、ベージュなど。」とあった。

「社会」に接すれば、自ずと「争っている」渦中を泳ぎ切らねばならず、そのためにも常に自分の心の「動力」と言動をかみ合わせており、はっきりとした「色」を社会的に示すことが求められているものだ。「争い」続ければ心身は傷つき、ギアをかみ合わせ続ければ歯車は摩滅し、明るくはっきりした色のみでは、心の味わいも低下するであろう。文学を読むにも、また短歌を創り出すにも、こうした「ニュートラル」な心が必要なのではと、ここのところ痛感をするのである。ヨガなどをやると心身の連動とともに、瞑想のような域に入り込むことがある。短歌を創り出す際にも、この域が必要なのではないだろうか。最近流行りの身体的な物言いをするならば、「交感神経優位」だけでは心身は健全ではなく、「副交感神経優位」となる時間も必要だということだろう。

親子と親友と焼肉を囲む夕べ
心の赴くままの会話を楽しむ
心身ともに「ニュートラル」な栄養補給の休日


関連記事
tag :

宮崎を訪ねてくれる朋友(とも)

2018-06-09
大学院時代の共通選択科目
ゼミのごとく語り合った仲間
専攻は違えども志を一にして

既に大学院在籍時代からすると、20年近い月日が経過していることをあらためて実感した。修士在籍時代は特に必修単位科目も多く、現職教員であった僕は大学院の講義科目に通うのにひとかたならぬ苦労をしていた。勤務時間を聊かフライングして勤務校を自転車で抜け出し、30分かけて講義が開始される大学の教室に飛び込んだりしていた。そんな苦しい時間割構成の中で、18時過ぎからの6限に設定されていた「発達障害論」は、当初はあくまで時間割上において大変にありがたい講義であった。しかも専攻以外の科目である共通選択科目として、単位を取得しなければ修了できない科目であったことも重要なことであった。だが講義が始まってみると、担当の先生の研究と現場を融合させた逞しくも潔い姿勢や、受講者の方々の前向きな研究意欲に絡め取られて、講義内容そのものからも学ぶことがあまりにも大きい科目となった。

その当時の受講生仲間が、研究学会のために宮崎を訪れてくれた。当時はお互いに現職中高教員であったが、現在は大学教員として教員養成に携わっているという共通点がある。彼とは受講当時から大変うまが合い、講義の後には先生を囲んで酒席で一献というのが通例となっていた。その後も僕がよく米国に行っていた折にちょうど滞在日程が重なり、シアトルの球場でイチローの勇姿をともに応援したこともあった。この日は、受講当時からよく通っていた早稲田のおでん屋さんにそっくりな宮崎のお店に案内した。往時が自然と思い出され様々な思い出話に花が咲くとともに、教育の現状や研究のことなど深刻な内容までを語り合うことができた。ついつい酔い任せに当時の担当の先生に電話までしてしまったが、通話することは叶わなかった。だが、どうやら僕自身の研究魂は、彼とともに修士を頑張った1年間に原点があることが確認できた。現職中高教員から大学教授へ。その道を堂々と歩いて来た旧知の仲、あらためて研究への退路なき挑戦を心に誓うのであった。

おでん・ごまさば・馬刺し
カウンターで語り合う朋友の声
いま宮崎にいて彼が訪ねてくれる幸せ


関連記事
tag :

「しらべ」か「ひびき」かー「韻律」か「声調」か

2018-06-08
「韻律」に特化して批評の対象とする
「意味を抜く」上で「しらべ・ひびき」の良し悪し
明治維新から150年で失ってしまったもの・・・

要件があってメッセージをした短歌関係の友人と、思い寄らぬ内容がメッセージ上で展開された。彼がラオス楽器の「ケーン」の演奏会に行くと、その重層的な音に魅了されるとともに生活に根付いた面があることを発見。日常生活上の説明会などでも、内容を韻律ある歌詞にして楽器を伴い歌にして伝えることに興味を覚えたと云う。それはラオス人が、「意味」より「しらべ」を好む傾向にあり、「説明」のための「説明」ではなかなか聞いてくれないと云うことのようだ。これはまさに「短歌のしらべ」に通じるものであり、近現代を通じて僕たちが忘れてきてしまったものなのかもしれないと彼は云う。日頃から「音読・朗読」など音声表現の問題を考えている僕としては誠に興味深いエピソードであり、「声」(表現)と「意味」(理解)との関係を考える上で、新たな分野に食指が動くような内容であった。

それならば「韻律(音楽)」を三大要素(他に「意味」「イメージ」)の主とする現代の短歌は、果たして「声(音)」を大切にしているのだろうか?歌会でも司会者なりが短歌を読み上げることはするものの、あくまで「事務的」な域を脱することはない。短歌ごとの句切れの差異や「句割れ・句跨り」などの部分を、表現に応じて適切に読み分けているだろうか?適切に読み分けるには深い解釈が前提になるゆえ、むしろ司会者というより評者が発言の際に短歌そのものの「韻律」を「声」で再現しながら伝え合う必要性もあるはずである。そこで、こうした「しらべ」に特化した歌会ができないものかと話は発展した。さらにやり取りは進んだが、果たして「しらべ」という語でよいのか?と疑問が湧いた。それは佐佐木幸綱先生の歌集『直立せよ一行の詩』の「あとがき」冒頭に、「(自分の短歌は)『しらべ』ではない『ひびき』なのだ。」とあったのを思い出したからである。するとまた先日の国際啄木学会宮崎大会で「韻律」という用語を使用して研究発表をした際に、その定義と先行研究について深い質問を受けたことが思い返された。要するに歌作でも評論でも研究でも、この「しらべ」「ひびき」「韻律」「声調」の分野というのは十分な議論がされておらず、今後ますます失ってしまう要素ではないかと危機感を覚えることに行き着いたのであった。

危機感はそのまま行動となる
友人と新たな試みを実施することになった
Web上のメッセージながら、実に共鳴する「声」が響き渡る結果となった。


関連記事
tag :

「匂い立つ言葉」を交わそう

2018-06-07
「君たちの言葉は匂い立つようでなくてはならない」
国語科教員を目指す学生たちへ説くこと
『月刊国語教育研究』(2018年6月号)石塚修氏「問題提起」より

懇意にする研究者・筑波大学の石塚修氏が、冒頭のようなことを書いていた。標題は「言語生活に根ざす語彙指導」である。まずは、現代人全般の傾向として「わかりやすく」を合言葉とした「ワンフレーズ」の流行により、「簡単なひと言でコメントをすませてしまおうという傾向」があると指摘する。その上で「話すこと」「書くこと」において「日常と異なる『場』を用意することで、多様な表現をせざるを得なくなる。」とし、「正式さ」「改まった」表現を交わす場としての「国語授業」を提案している。また社会生活をする上では「役儀により言葉を改める」ことが嘗ての常識であり、「公的な立場」を意識した表現に応じることが「語彙が『根ざしている』ことになる」のだとし、こうした言語活動を国語科で育成すべきとする提言となっている。

確かに昨今、学生の「話す」「書く」に接するとその語彙の貧困さとともに、「場」に応じた表現の喪失を察知する機会が多い。教育実習などの「場」になって初めて聊かその意識が芽生えはするが、それでも「ホントですか」「だいじょうぶですか」「ふつうに」などの曖昧な表現で授業進行をする様子が散見される。実習や採用試験など、将来の教師として社会人としての資質が試される「場」のためだけに、付け焼き刃としての「対策」を講じて何とか乗り切ろうとする対処療法的な行動も否めない。たぶん学生たちは中学校・高等学校の頃から「入試対策」という局所対応型の「やり方」を与えられることで、越えるべき難所に対応してきたのであろう。その「難所」が豊かな人生を築くこととは隔たった感性を養っていることは、最近の官僚エリートらの異常行動を見れば一目瞭然である。「匂い立つ」とは単に語彙が豊かであるのみならず、批評性を含めた豊かな生き方を築く要素が含まれるのではないだろうか。

「隠された悪を注意深く拒むこと」(谷川俊太郎「生きる」より)
国語教師を養成する「場」としての責務
短歌には少なくとも「匂い立つ」言葉がたくさん含まれている。


関連記事
tag :

宮崎大学附属図書館「短歌県みやざき」書架

2018-06-06
1階ラーニングコモンズ併設
グローカルカフェ(地域と国際をテーマにした語らいの場)
「短歌県みやざき」配架書籍拡大中

この4月から附属図書館1階のラーニングコモンズに、「グローカルカフェ」が併設された。「カフェ」と言っても実際に「スタバ」や「ドトール」があるわけではないが、人々が集まり語り合うコーナーといった趣旨の場である。「グローカル」とはもちろん造語であるが、「グローバル」(国際化)と「ローカル」(地域性)を複合させたという意味である。年々本学でも留学生が増加しており、彼らにも技術や日本文化のみならず「みやざき」のことを十分に学んで欲しいという願いが込められている。当該コーナーに配架されている書籍は、「みやざき」の風土・文化・経済などに関するもので、昨今は「地域学」などという新たな分野として注目されている。併せて各語学学習、もちろん日本語学習などの書籍を融合的に集中配架しているわけである。

その一つに、僕が提案した「短歌県みやざき」のコーナーがある。主に若山牧水関係とみやざきを代表する歌人・伊藤一彦先生の歌集や書籍、さらには今や宮崎県民として定着した俵万智さんの歌集などが並べられている。今年度、僕が担当している「大学教育入門セミナー」の前期後半は、班別に「課題研究」を実施することになっている。「国語専攻」から提出したテーマは、「牧水恋の行方」「俵万智の青春と恋」とした。となれば、この1年間『文學界』に連載されていた俵万智さんの「牧水の恋」も配架すべしと、担当職員さんにお願いして13冊を見出し付きで配架してもらった。今後も「若山牧水賞」受賞歌人の歌集など、鋭意取り揃えていく予定である。さらには、連携協定を結んだ県立図書館で実施されていた「牧水没後90年」企画展のパネル版移設展を、来月には開催予定である。

「地域」の文化としての「短歌」
「短歌県みやざき」の国立大学として
現実に「スタバ」などが併設され「短歌」を語り合う場になればと願う。


関連記事
tag :

まとめずして対立せよー『伊勢物語』「筒井筒章段」をよむ

2018-06-05
幼馴染で相違相愛の大和の女
後ろ盾がなくなり通い始めた高安の女
どちらの女を評価しようか?・・・

担当の「国文学講義1」は、著名な「筒井筒」章段を扱った。井戸の元で背丈を比べるほどの幼馴染であった相思相愛の男女が、親の縁談も断って相互に歌を詠み交わして晴れて結婚する。だが、しばらくすると女の親が亡くなり経済的基盤を失ってしまう。(平安朝当時は嫁側の家が経済的基盤となっていた)そのままではお互いに惨めになると思った男は、住んでいた大和から10Kmほども離れた高安という地にいる女のところへ夜な夜な通い始める。だが元の大和の女は、疑うそぶりも見せず家を送り出すので、男の方はこの元の女こそが浮気をしているのではと疑った。そこで、高安に出向いたふりをして庭の前栽(植え込み)に隠れていると、この大和の女は一人でも化粧をして次ような歌を詠みかける。「風吹けば沖つ白波龍田山夜半には君がひとり越ゆらむ」序詞を駆使し男が夜半の龍田山を越えることを案じる歌である。この様子を窺っていた男は、その後、高安の女のところには頻繁に通わなくなったという筋書きである。

しばらくは男が通ってきていたのに来なくなってしまい、高安の女はやはり男に歌を贈る。自分の男への気持ちをストレートに詠んだ歌で、何ら体裁や技巧的な面も見えない。そうこうしているうちに男が高安に行った際に、女が杓文字でご飯をよそう姿を見たことで、その後は高安に行くこともなくなってしまったという内容までが語られている。相互の女の和歌のあり方や態度などが比較できて、平安朝当時の恋愛や結婚の様態が具体的に理解できる章段として貴重である。そこでこの日の講義では、この相互の女の和歌や態度をどう評価するか?という課題で個人思考から班別討論までを行った。班別では「意見をまとめる」のではなく、「対立点」を述べよということにした。学生たちは「大和派」「高安派」と言った言葉で、しかも男女混合班を意識して構成したせいもあったか、様々な男女の恋愛の機微について盛んな議論を展開してくれた。班別活動というのは、「対立点」を探るものなのかもしれない。

「学校」の活動は、すぐに「まとめ」たがる
多様性というなら、他者と異質な点に気づかせること
『伊勢物語』そのものが、これを如実に語っているではないか。


関連記事
tag :

家族で協働作業をやるべし

2018-06-04
梅雨の晴れ間
自宅外周りの清掃
家族での協働活動に思うこと

先日、友人が家族総出で田んぼに苗を植え、日焼けをして筋肉痛になったという話を聞いた。思い出したのは、昨年放送していたNHK連ドラの「ひよっこ」である。田植えや稲刈りの時期になると出稼ぎをしている父なども帰郷し、家族総出で作業に勤しむ。その田んぼでできたお米は、家族の貴重な生活費の柱となる。昭和の時代には、こんな家族の協働性が確実に根付いていた。その力によって、家族は精神的な繋がりを保ち思いやり助け合い、困難な状況でも生活を楽しんでいたような気がする。しかも祖父母から三代にわたっての協働作業は、様々な家族間の気付きがあり、正負に伝承されることがあったのではないだろうか。核家族化、食品購入形態の変化等々、によって僕たちはこの貴重な協働性を失ってしまったようだ。

協働作業は、何も「田植え」である必要はない。家族がともに何らかの達成をするために、作業できる環境を作ればよい。しかも季節に根ざした内容であり、目に見えた成果があるものがよい。仕上がった状況を見つめてその過程を思い返し、家族の姿が脳裏に焼きついているもの。少々の肉体的な困難を伴い、協力することで達成される作業である。この日は久しぶりの休日で、しかも梅雨の晴れ間となった。せっかく両親が東京から宮崎を訪れているのに、先週は東京出張で昨日は歌会と、休日をともに過ごすことができていなかった。どこか車で連れて行こうかと思いきや、奇しくも前述したような発想から自宅外周りの清掃作業をすることになった。排水溝の蓋にこびりついた苔を鎌などで除去したり、雑草を抜き玄関周りを整えたり。全体で数時間を要したであろうか、やはり協働作業の成果は上々であったように思う。

夜は近所の公共温泉
美味しい食事に身体を潤す泉質
話すだけではなく、ぜひ家族での協働作業をお勧めしたい。


関連記事
tag :

第324回心の花宮崎歌会ー谷岡亜紀さんを囲んで

2018-06-03
「ぼんやりと雨を見ており亡き人はもう雨の日に傘をささない」(『心の花』2018年1月号)
「警報機の音鳴り止まず空梅雨のカンカン照りの関東平野」(『心の花』2017年10月号)
「青ざめてコスモスの花戦ぎつつ宇宙の果てのごとき公園」(第三歌集『闇市』)

心の花宮崎歌会では、毎年恒例で6月にはゲストをお招きしている。今年は谷岡亜紀さんで、冒頭に記した歌は今回の企画幹事の方々が選び、懇親会で鑑賞とともに披露された代表歌である。いずれもシンプルな表現によって明確な描写がなされ、一読して意味がわかりつつも韻律に導かれて奥深い創作者の視点が浮かび上がってくる秀作と思う。「傘をさす」という日常的な行為に、「生きる」ことそのものを見出す。誰しもが脳裏に焼きつきやすい「警報機の音」を聴覚的に響かせ天象の傾向を描写する。「コスモスの花戦ぎ」という小さくも素朴な描写がむしろ「宇宙」という無限の世界観を対極的に表現する。これらの歌を選ばれた会員の方々の鑑賞もよろしく、谷岡さんの歌人としての魅力を、存分に味わえる機会となった。

歌会冒頭には、谷岡さんの「〈今〉を伝える表現」と題するご講演があった。資料として小中高校生の作品を紹介し、初心者の子供たちの素朴で的確な表現の素晴らしさが伝わってきた。「交差させひとつ結んでくぐらせてはじめて結ぶ紺のネクタイ」(神奈川県高校文芸コンクール平成九年〜より)「ナイフのゆめ心の中が不安なまま小さな窓に朝日がのぼる」(NHK短歌大会・ジュニアの部)「ブラジルの大地にひとつボールありひとりがければみんな集まる」(海外子女文芸作品コンクール・平成八年〜)このような素朴かつ明確な描写の歌を谷岡さんがコメントを付して紹介すると、あらためて短歌の原点を見直せと言われているような気になる。谷岡さん曰く「形だけを整えて、人の言葉を借りて、歌にしているだけ」のように「歌を作ることに慣れてしまう」ということへの警鐘でもある。その後の歌会でもこうした素朴な描写への指摘、より面白い歌にする推敲案などが谷岡さんから示された。

「説明」ではなく「描写」をする
パラグライダーで飛ぶことの世界観の話なども
また「心の花」の「おのがじし」を浴びる一夜であった。


関連記事
tag :

地下水を吸収し育つ和歌ー「国風暗黒」の捉え方

2018-06-02
国風暗黒時代=漢風讃美(謳歌)時代
和歌は地下に潜り、表層に出ている漢詩文から
地下に滴る要素を吸収し晴の場に出るのを待った

今年度から担当している「国文学史1」の講義も、「上代」から「中古」へと入った。記紀歌謡から神話に万葉集と、上代の歌のあり方についても再考する点が多かった。ひとえに「やまとうた1300年」とはいうが、その脈々とした時代の中の個々の歌の韻律や抒情をあらためて考えてみるべきと思う。「文学史」などを考える際は特にそうだが、ともするとあくまで「現代」から考えた「恣意」に過ぎないと考えてしまうこともある。上代からの距離が厳然としてありつつも、その後の時代で万葉集がどのように享受されてきたかを念頭に置くべきであろう。しかも単なる年代・作者などの暗記でもなく、概念化された歌風の空虚な語彙を覚えることでもない、生きた歌の命脈を咀嚼する文学史が必要であろう。

「上代」から「中古」へ流れは、やはりまず「漢詩文隆盛」から始めねばなるまい。万葉集の家持歌で和歌の表現位相が変化してきた流れを知ると、たぶん学生たちは「平安」となれば一気に「和歌」が全盛に花開くといった考えを持つのではないか。ところが「平安」初期は、周知のように「和歌暗黒」の時代が到来するのである。出典論を中心にした和漢比較文学研究の泰斗・小島憲之の命名したこの表現には、考える者をそそり立たせる要素がある。僕もちょうど大学1年生の頃だったか、図書館でこの書名を発見し借り出して紐解くと、そのオレンジ色の大著のインパクトが計り知れず大きかったのを思い出す。その出会いから和漢比較文学を志した、と言っても過言ではない。「暗黒」のイメージを現在の学生に聞くと、「地下」「暗い」「陰湿」のようなものが挙がる。そんな土壌に潜り込んだ和歌が、表層の漢詩文から滴り落ちる「漢」の要素を吸収し『古今和歌集』という晴の場に出るべく、その表現を改鋳し続けたのである。

新たに文学史から学ぶこと
個々の歌を読まずして文学史の何たるか?
「悲秋」「菊」「閨怨」など漢詩文から滴る地下水を受けた和歌を読む。


関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>