手書き文字と人の縁

2017-07-15
会って御礼を言うことの大切さ
そしてお心づかいを忘れずに
「味のある」人づきあいを・・・

メールやSNSメッセージで事足れりとすることが多い世の中で、手書きで味のある文字の封書や葉書をいただくと誠に心が温まる。いただいたならばやはりこちらも、となって個性的な文字で手書きをお送りできる人でありたい。博物館などで歴史的人物や作家などの書簡を展示する機会に接すると、その人物が観念ではなくリアリティを持って理解できそうな気がする。とりわけ文字造形文化のあるくにゆえ、手書きの習慣というものを保存したいと常日頃から思っている。文字は上手い下手ではなく「味」が大切であろう。見ればすぐに「その人」とわかる文字。大学学部の頃、ある先生はそれを求めるために講義の出席に名前を白紙に1人1人書かせていたのを思い出す。その思いがあるゆえ、僕も講義では必ず手書きのレビュー提出を求める。回を進めるごとに、その文字でどの学生かがわかるようになる。

話は逸れたが、人間同士がリアリティをもって接し合うことが肝要だということだろう。この信条を貫くために、上京すると可能な限り「味のある人」に会うようにしている。これもSNSなどをやっていると勘違いしがちであるが、やはり直接会わないとわからないことが多いことを現代人は忘れているような気がする。会ってみての「お久しぶり!ありがとう!」のことばや笑顔には、まさにその人の人間味が深く感じられる。お心づかいという点でいえば、ちょっとしたお土産がまた心を深く結びつける。大都会の中のへばり付くような暑さの中で、やはりこうした時間だけが誠に爽やかだと思うのである。まさに今の自分に関していえば、「東京」に来ているのではなく、「人」に会いに来ているという意識が強い。そしてまた、「故郷東京」を「宮崎」から観る視点を得ていることに、人生の上でとても大きな意味を感じる今日この頃である。

こころとこころがつながるということ
人として人と出会い
味のある声と文字を交わし続けたいものである。

関連記事
tag :

囲う言葉・分断する言葉

2017-07-14
「ほんとうか?うそか?」
「思うか?思わないか?」
囲う言葉・分断する言葉・・・

TVで「バラエティ番組」と呼ばれるものを見ると、これは「事実か?事実でないか?」「ほんとうか?うそか?」といった二者択一の問いに対して、出演者が「まる」か「ばつ」かと札を挙げる場面などが目につく。元来、「バラエティ」という分野そのものの意味にも疑問を呈したくなるが、昨今は特に、見せ掛けの「教養」を売り物とした番組も多いように思われる。出演者はもちろん番組の演出上において様々な札を挙げて、その場を盛り上げる役割を担っているのだろう。意図的に外した札を挙げたり、「教養」も覚束ない”役柄”の出演者が唯一の「正解者」となって、番組上の効果としては「面白い」ということになる。だがふと目線を引いて考えてみると、多様性の時代といわれながら、ある意見に対して「賛成か?反対か?」という二者択一の思考に視聴者が陥り、囲う側と排斥される側という分断的思考を助長している気がしてならない。

こうした思考がはびこり始めたのは、忘れもしない「郵政民営化に賛成か?反対か?」を掲げた劇場型選挙からである。その後も「敵」を意図的に作り上げて、自らの囲う側を「正当化」して多くの得票をするという方式の選挙がつい最近でも行われている。政策の詳細や自らの「生活」そのものへの影響よりも、その「敵」がどうしようもないことを印象付けて、往々にして囲った側が「圧勝」するのがオチである。何がそうさせるのかは様々な要素があろうが、水戸黄門型勧善懲悪を、むしろ悪用したやり口ではないかと思うことがある。世知辛い世相に待望の権威的なリーダーとして脚光を浴びて出現し、「悪徳代官」役の物語を醸成し自らの「正義」を主張して選挙で「印籠」を民に翳すのである。どうも世間は、こうした風潮に慣らされてしまってはいないのだろうか?学生たちが実施する「模擬授業」でも、「筆者の意見に賛成か反対か」と問う内容があると、こうした世相の浸透度が「教育」以上に高いことに危うさを覚えるのである。

「虚構にある真実」をどう考えるか?
「思うけど思わない」は矛盾と切り捨てていいのか?
むやみに浸透する「分断する言葉」を僕たちは注意深く拒んでいかなければならない。
関連記事
tag :

高校漢文学習と教科横断のことなど

2017-07-13
「国語」で漢文を学習する意味
そして言語系科目の教科横断を考える
これからの時代に求められる学力として

ある高校の校内授業研究に、本学部から数名の大学教員が参加した。高校1年生「国語総合」の「漢文」の公開授業から参観。入門期にあたり「寓話」の教材をどのように扱うのか大変興味深かった。比較的多くの教科書に掲載されている「漁夫の利」の教材で、その「譬え話」にどのような効果とか意味があるかを考える授業構想となっており、多くの点で共感できる内容であらためて漢文教育の重要性を考えさせられて大変勉強になった。まずはプリントに記された白文を、生徒たちは文構造としての「述語」を探し出すように読み解いていく。自ずと主語やそのうちなる固有名詞が明らかになっていく。入門期というのは、往々にして訓点の扱い方を記号的に学ばせる方法が採られがちだが、無機質な四角の中に訓点に従って番号を記していく学習などは、むしろ様々な錯綜を招き起こし、有効な学習とは思えない。こうして内容ある本文(白文)に対峙して読み解く過程を経験してこそ、訓読がいかに意味ある直訳法であるかが体験的に理解できると考えたい。

事後研究会では、語彙的な理解が必要になった際の「二字熟語」に変換した学習を進めることを提案した。「強秦」(強い秦という国名)の理解であったら「強敵」という現代日本語を考えて、上の漢字が下の漢字を修飾しているという漢語構造を考えさせる。「幣大衆」(大衆を疲れさせす)であれば、「幣」の単語家族として「疲弊」の「弊」の字があることを考えさせる。こうした習慣をつけておくと、日本語への理解力と表現力がつき、まさに「国語」で「漢文」を学ぶ意味が具体的に浮上する。もちろん大学入試対策にも誠に有効な方法である。自らが高校現職教員だった頃より、こうした漢文教育方法の提言をどこかでしたいと考えていたので、誠に意義ある機会をいただいた。その後、英語の授業も参観。「国語」で学んだ「論理的文章展開」を意識しながら、自らの興味ある「音楽」について英文を書き、最後にはそれを会話として表現するという内容であった。個人的な見解であるが、この「国語」でいうところの「論理的」という観点が、非常に曖昧であるようにも思われる。長い日本語の歴史も鑑みるに、口語性が高く時系列的に物事を記していくという特徴があり、それがまさに奈良平安朝以後は「漢文」の、明治維新以後の「西洋文化(言語)」に依存して「論理性」を築き上げてきたことを認識しておく必要性を感じた。

生の現場の授業改善に関わることの意味
「入試」学力に偏重した高校教育を変えるべく
教科横断の鍵は「自分のことばを持つこと」ではないかという気づきを得た。
関連記事
tag :

そうだ歩いていなかった

2017-07-12
原稿〆切その他諸々
それでも十分な睡眠とともに
行き詰まった時にすべきこととは・・・

複数の原稿〆切に校務と会議と出張等々、変わらず忙しい日々が続く。そんな中で平常心を保つために、心掛けたいことを考えてみた。まずは、何より重要なのが睡眠である。これを削ってはむしろ、頭の回転が鈍くなってしまうように思う。それでも若かりし頃は、ある一定の期間において2〜3時間の睡眠で修士論文などを書き上げた経験もあるが、それでも身体へのダメージが大きかったように思った。首肩の張りが極点に達して、まさに”首が回らない”状態に陥ったこともあった。最近は最低でも6時間、できれば7時間の睡眠を励行している。そのためにはなるべく早く就寝すること。意外に就寝前というのは、無駄な時間が多いものである。ともかく適切な睡眠をとった翌朝の頭は冴えているものだ。

さて、原稿などが行き詰まった時にどうするか?そのまま机に張り付いていると、余計に立ちはだかる壁は厚くなるようだ。気分転換には様々な方法があろうが、何よりも大切にしたいのは「歩くこと」である。小欄でも過去に何度も記しているが、明らかに脳の活動は足の活動に連動して活性化する。梅雨時でなかなか屋外を歩くことも儘ならぬ日が続けば、自ずと気分は鬱々としてくるものだ。そこでこの日はジムのマシン利用でありながら、約40分間で5Kmほど”早歩き”を続けてみた。知らぬ間に脳内が晴れたような気分に至り、靄が取れたように明るい気分になった。「人生を前に進む」ためには、こころだけで考えていては覚束ない。足を動かして「前進する」という身体性を確保してこそ、初めて前に進めるものである。

「頭でっかち」の意味を再考
そうなんだ歩いていなかったんだ!ぜひお試しを
様々な思考をしながら身体を前に進める具体的行動の重要性を再認識した。
関連記事
tag :

悩ましい文法学習を考える

2017-07-11
中学校での口語文法
高校での古典文法
形骸化した学習から抜け出すために

国語教師であれば、文法学習について日頃から苦心することも多いであろう。反対にむしろ定式的に消化すべき内容として、”得意”としている方もいるかもしれない。僕自身が高校生の時、この後者のタイプの教師の授業を受けたが、それは”得意”というより”独り舞台”であり、文法副教材に載っているようなことを、ほぼ独りで板書して話し切っていた。その視線は僕ら生徒に向けられることなく宙を泳ぎ、ただただ時間だけが過ぎ去っていった。もちろん僕は自分自身で好きな本を読んでいたので退屈しなかったが、心の隅で「国語教師とは?国語授業とは?」という疑問が浮上し、今の仕事に至る一因となっているような気もする。いつの時代でも、「授業」とは「教師の説明」にあらずなのである。

県内のある中学校を授業研究で訪れ、小規模校少人数学級の「口語文法」の授業を参観した。個々の生徒たちが、いかなる課題意識を持って口語文法の学習に取り組むのか、またどのような対話を醸成し無味乾燥な文法学習を活性化させるのか興味深かった。僕自身の教員経験からしても、中学校の口語文法の学習は目標や到達度が見えづらく、また生徒たちの学習意欲を上げるのも難しい。幼少の頃からの「言語感覚」で心得ていることを、いかに理論的に理解・定着させるのか?文法上の説明ができないと生活上何に支障が出るのか?など、授業づくりの根本で悩ましいことも多い。参観して学んだことは、やはり「場面・人物・状況」を具体化して、それを会話にするなどロールプレイの手法を用いたりする方法が考えられる。この発想からすると、短歌を学んでいることがとても有効なのだという考えに至った。一つの「助詞」で、その歌の出来栄えを大きく左右する。そして「場面」があって「人物」の心も見えてくる。種々の短歌用例を挙げて学ぶ「短歌文法学習法」などを開発してみるのも面白いかもしれない。

「言語感覚」を「知識」とするために
そしてまた「知識」は表面的な用語にあらず
日本語教育の視点とも交流し、豊かな発想で生きた文法学習を求めたい。

関連記事
tag :

古典は日本文化を作り替える装置ー島内景二氏講演から

2017-07-10
牧水と『源氏』『伊勢』
日本文化を変え続けた『源氏物語』
宮崎から日本文化を変える試みの実践者とは?

県立図書館で開催された宮崎県教職員互助会主催「わくわく文芸講座」に出席した。今回の全体会は、国文学者・文芸評論家・歌人である島内景二さんの「『源氏物語』を読んで日本文化を変えよう」と題する御講演であった。古典はいつの時代でも「現代文学」であり、古い文化を刷新し新しい日本文化を作るシステムとして位置付けし直したいという趣旨に、まずは大変共感した。特に教室では『源氏』の主題を本居宣長の唱えた「もののあはれ」だと教え、「移ろいの美学」として理解されているが、どのようにこの作品が凄いのかを教えることはないと云う。その結果、無難で面白くない場面のみが教材化され、「新しい日本文化」への刷新が図られることもない。これは『源氏』のみならず、古典教育全般に関して同様の課題があるわけで、現代に生きる子どもたちに「新しい文化」として「いま」に生きる学びを創る必要があるだろう。こうした観点からすると「伝統的な言語文化」という指導要領上の文言には、大きな誤解があるように僕は思う。

続いて牧水と『源氏物語』『伊勢物語』との関連も述べられ、「あるときはありのすさびに憎かりき忘られがたくなりし歌かな」(『独り歌へる』)が『源氏』桐壺巻の引歌の共通性を指摘し、「桐壺更衣と死別した桐壺帝」と「小枝子と生別した牧水」を「愛の王国の消滅」と読み解くあたりには個人的に深い興味を覚えた。それはまだまだ牧水の歌の中に、こうした王朝文学の欠片を発見する可能性に胸が高鳴るからである。また御講演の最後には、宮崎を故郷とする誇るべき歌人・伊藤一彦さんのことにも言及され、「悪しき近代文化」のシンボルとしての「東京」と戦い続け、宮崎を「世界変革の本拠地」と定めた覚悟を持った人であると賞讃された。僕自身は東京生まれであるのだが、むしろ今はそれだからこそ「東京に抗う」という意味で共通した野望を抱くものだと決意を確認し、約2時間近くに及ぶ御講演は終了となった。

御講演後は、島内さんの短歌の師匠・塚本邦雄の歌碑を求めて高城まで
その後も雨の青島を歩き長塚節と牧水の歌碑を巡った
国文学者・文芸評論家・歌人という理想的な先輩との邂逅、”文化”放談に宮崎の夜は更けた。
関連記事
tag :

2800回更新のあとさき

2017-07-09
小欄更新が昨日で2800回となる
来年の最初には3000回を迎える
「書いている」ことを敢えて「書いてみる」

昨日の記事を更新すると、画面に更新番号が「2800」と表示された。特段、その日が何回かなどはまったく意識はしていないが、節目の数字を見るとその実感が湧いてこないでもない。1日の記事に概ね最低でも800字程度は記しているので、「文字数」に換算すればかなりのものになる。年月にして8年目、大学学部の標準就学期間を二巡している計算になる。ちょうどブログ開設当時は、博士の学位審査を終えて審査大学の学内で承認を得た頃。「研究」に関する著述ばかりしていた意識が、より多方面へ向けた文章は書けないものかと考えたのも開設動機の一つであったと思い出す。それ以上に当時は、公私ともに新たな局面を迎えていたこともあって「心を空にして先入観なくして」自らを見つめられたらという思いが非常に高まり、空海が唐から帰朝した際に心得たとされる四字熟語を表題として文章を綴り始めた。まだ中高現職教員を続けながらの研究と二足の草鞋を履いていたが、やがて大学での教育経験を積むために2年間の非常勤講師生活を経て、宮崎に赴任して大学教員として今や「研究室ブログ」と位置付けるようになったわけである。

読者は特に個別に想定しているわけではない。初期の頃は特に「自分」に向けて書いていた、という意識が大変強かった。早朝に書いた文面を昼頃に自ら読み返すと、さらに客観的な「自分」が見え始める。そこで「自己内対話」が開始され、統一されているという幻想を排除して「多面的分裂体」であるということに気づくことができる。ある意味で「内省的日記」の役割を果たしていたのだが、同時にもちろん不特定読者への「公開日記」という要素も持っていたことになる。それには大変微妙な思いを持ちながらも、「自己存在」を文章として刻み付ける価値を見出していたことになろう。研究室ブログとしてからは、なるべく「テーマ性」を具えたものとすべく改善を図った。今や学生たちを始めとして、研究関係の方々、そして公私にわたり僕自身と関わった方々など、読者層も多様になったと思っている。特に最近では短歌関係の方々の閲覧が増えたように思う。だがしかし、開設当初から閲覧数にはまったくこだわらないのが信条である。東京から宮崎に移住したこともあって、東京在住の母が僕を心配して毎日小欄の更新を待ってくれている。こうした「一人」の読者がいれば、まずはこうして文章を綴る価値があると素朴に思っているだけである。

何のために?そしてもちろん利害にあらず
既に身体性を伴った朝の習慣として外すこともできない
このさきどこまでゆくのやら・・・・・・・・・・・・
関連記事
tag :

今日の出逢いと目標の心得

2017-07-08
「今日は再び来らず」
城山三郎の小説にもなった標語
受験に向かう「今日」は、希望の「明日」を築く

7月6日(木)付宮崎日日新聞コラム欄「くろしお」に、こんな記事があった。二宮金次郎7代目子孫の中桐万里子さん(臨床心理学)が、子どもたちの「夢・目標」は「答え型」と「問い型」の二種類に大別できるのだと云う。例えば、前者は「教師になる」で「夢・目標」そのものがゴール、後者は「教師になって自分らしく豊かに生きるには」と問い続ける生き方であるということ。これはまさに「授業」の「発問」でも同様で、「一つの答え」に収斂する類のものでは学習者は考えを深められず、「どのように?」という「多様な問い」が個々の中に常に持続するものが求められるであろう。どちらの目標の持ち方がよいかは言うまでもないが、「問い型」を採っていれば受験なども「通過点」に過ぎないということにもなろう。同コラム欄では、郷土出身の青木宣親さんの日米通算2000本安打によって県民栄誉賞が贈呈されることを讃え、「野球選手になる」のが目標なのではなく、「どのように活躍するか?」という問いを重ねればこそ、「夢、目標は引き継がれる」とまとめている。青木さんのような例と裏腹に、「野球選手になる」で終わってしまった選手が多いことも忘れてはなるまい。

振り返りますれば僕自身も、「・・・大学に入学する」が目標であったわけではなく、その他に類を見ない環境で文学を学び、その後も好きな文学に関わって発見を続けて生きたい、という「問い」が今に至るまで持続しているゆえに、多様な歩み方をしてきたように思う。受験勉強は困難でなかったとは言わないが、楽しい時間でもあった。それは「古典」や「英文」を読んでいると、その表現の豊かさに出会えることが実に興味深かったからである。受験当時高校3年生の時、講習会に通っていた予備校の英語の著名な講師の先生が、冒頭に記した城山三郎の小説のことをよく話してくれた。その小説そのものが当該予備校を題材にしたものであり。「日々是決戦」といって「今日一日」によって「雌雄は決する」のだと説くわけである。だからといって不思議と追い込まれた感覚はなかった。「今日」どれほど豊かに新たな「ことば」に出逢えればワクワクできるか、といった感覚で「日々」を過ごしていたように思う。その延長上でまさに「いま」は、宮崎で短歌とともに歩める自分がいるのだ。

「原稿を書かねば」ではなく、どのように言いたいことを「問い続ける」か
雨雲に覆われた七夕の空を見上げ「ひととせにひとたび」逢うという「問い」を続ける
採用試験直前の学生たちへ、ぜひ「豊かな人生」を目標とし「日々」を重ねて欲しい。

関連記事
tag :

歌とともに「いま」ー「宮崎野菜でサラダ記念日」30年目を祝す

2017-07-07
別れ来し男たちとの人生の「もし」どれもよし我が「ラ・ラ・ランド」
(俵万智さん・新作・「インスタの桜」より 文藝別冊『総特集 俵万智』より)
出版「30年目」を「いま」ここ「宮崎」にて祝す

「もともとはなんでもない日として選んだ7月6日を、こうして誕生日のように・・・」食事会前に行われたトークで、俵万智さんはこう述べた。5日付朝日新聞「天声人語」にも「7月6日はサラダ記念日」の話題が取り上げられ、僕の自家用車のカーナビはこの日の朝「サラダ記念日です」と期待通りに告げてくれた。野菜がみずみずしいい6月か7月の時季から、「しちがつむいか」と語頭に「S音」が響くことを要因に、そして七夕の「7月7日」では「歌」にならないので、という「制定理由」が御本人の口から述べられた。この日は、出版から30年目を迎えたまさに「サラダ記念日」当日、御本人とともに「宮崎野菜」をふんだんに使用した絶品料理に舌鼓を打ちながら、全国で「此処」にいることができたのは限定80名。宮崎県知事・河野さんのご挨拶に続き、出版元の河出書房社長・小野寺さんの出版秘話を含めた乾杯の音頭が、会場の雰囲気を一気に華やいだものにした。

俵万智さんから投げ掛けられた「30年前、皆さんは何をしていましたか?」の問い、「それと同じだけの時間が、私の中にも流れました」と続けられたが、その「何を」の小さな糸が幾重にも織りめぐらされて、「いま此処」に辿り着けたのである。その時間そのものを「歌人」という人生を選んだ俵万智さんは、五冊の歌集に刻み込んできた。『サラダ記念日』そのものは、いまも色褪せず読み継がれ、まさに昭和から平成の「文学史」に燦然と輝く作品である。明治以降の短歌史に位置付けるとしても、「啄木・牧水・寺山修司」に続いて「俵万智」となることは必定である。そのことばのわかりやすさ、誰でも同じように日常を短歌にできそうと思わせる啓蒙力、そしてあらゆることに対する全面的な「肯定性」、冒頭に掲げた新作歌にもそれはよく表れている。過去のどの「男たち」との「もし」を「どれもよし」とは、なかなか凡人では歌にできない。啓蒙力はありながら、実は奥深く簡単には真似できない底から湧き出るような歌の力が感じられる。それは一首の内なる情報量を限界まで削ぎ落とす、実に緻密な潔い過程を経て「歌」として自立し、また「連作」として機能するのであろう。このあたりの「秘密」は、『文藝別冊』に穂村弘さんとの対談をはじめとして様々な評者が述べているので、ぜひこの機にご参照いただきたい。

雨模様の会場に向かうタクシーは
万智さんが「宮崎あるある」よろしく歌にしたように、建物前の交差点でメーターを落とした
「いま」短歌を自分の中にも持っていることに感謝しつつ。

ただ、これだけの記念パーティーの情報量を削ぎ落とすのは誠に難しい。

関連記事
tag :

新刊『さらに悩ましい国語辞典』ー「忖度」の用例に納得

2017-07-06
メディアで頻繁に使用されるようになった「忖度」
「他人の心を推し量る」という意味のみ
「何かを配慮する」という意味はない

大学学部の先輩である神永暁さんが、新たに『さらに悩ましい 国語辞典』(時事通信社)を刊行され早々にご恵贈いただいた。当該書籍は、話題を呼んだ第1弾の『悩ましい国語辞典』(同社刊)の続編であり、Web上の「日本語どうでしょう」で神永さんが連載している記事を一冊にまとめたものである。先日は、宮崎日日新聞コラム欄「くろしお」にも引用されており、人口に膾炙した一冊といえるであろう。神永さんは長年、辞書編集一筋の人生を歩んでこられ、その調査・編集の中で得られた貴重な情報により、通常の辞書では表面化しない部分を興味深くまとめていて実に面白い。まさに日本語の奥行きを知り「言語感覚を豊かに」するには、当該書籍は常に座右に置きたい2冊である。学生から一般の方まで、そして繊細な言語感覚が求められる短歌関係の方々にも、ぜひとも推薦したい好著である。さて冒頭に記したのは同書において、今年上半期話題となった「忖度」の項目の記事の一部引用である。同項目は、「本来なかったそのような意味があたかもあったかのように使われ始めている。辞書編集者としてはそれが気になるのである。」と結ばれている。「あったものをなかったように」も許し難いが、その逆もまた「日本語」に失礼であろう。いずれも公言の中でさえ、捏造や揉み消しが氾濫していることを思わせる。


さて、まずは「忖度」は難読語ではという指摘もされているが、これほど話題にならなければ「ソンド」「フンド」「フド」などと誤読されることも多い語彙だと同書にある。そして何より同書同項目で納得したのは。神永さんが編集長を務めた『日本国語大辞典』における「忖度」の用例である。著名な福沢諭吉『文明論之概略』巻二第四章の文章が引用されているようだが、同書にはその現代語訳(神永氏訳)が示されているので、ここに覚書として引用しておきたい。

「人の心の働きはたくさんの事柄から成り立っていて、朝は夕方と異なり、夜は昼と同じではない。今日は徳行のそなわった人でも明日は徳のない品性の卑しい人になり、今年敵だった者が来年には友達になるかもしれない。人の心の働きが時機に応じて変化することは、それが現れれば、ますます思いがけないこととなるのである。幻や魔物のようで、あれこれ考えをめぐらすことも、推し量ることもできない。他人の心を忖度できないのはもとより言うまでもないことだが、夫婦親子間でもお互いにその心の働きを推し量ることはできない。単に夫婦親子だけでなく、自分の心をもってしても自分自身の心の変化を思い通りにすることはできない。いわゆる「今吾は古吾に非ず(=今の自分は昔のままの自分自身ではない)」というのがこれである。その実態はあたかも晴雨の天候を予測できないのと同じようなものである。」(同書p168・169より引用)


まさに人の心は「忖度」できないと云うのだ
それを心得た上で、夫婦親子関係を考えた方が健全なのかもしれない
時機に応じての変化に寛容であることを「愛情」と呼ぶのであろう。

関連記事
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>