fc2ブログ

護摩の炎に心を澄ませる

2012-01-06
 初詣というと大晦日の深夜から出向く方も多いが、小生は至ってマイペースである。以前に三が日に参詣したことがあるが、その混雑の状況は尋常ではなく、寒風の中を寺の境内より外周でかなりの時間並ばなければならなかった経験から、敢えて物事が動き出すこの時季になってようやく寺を訪れる。それでも祈願の為の「お護摩」だけは昨年暮れのうちに請願しておくと、「元日」の朱印が押された「お札」が手に入る。

初詣先は西新井大師と決めている。親戚が近所に住んでいることもあって、幼少の頃から思い出深いお寺である。初詣参拝客の数は、関東圏でもかなり多い方で特に東京下町の人々の信仰は厚い。弘法大師(空海)の文化的偉業への興味ということもあり、小生の古代文化への好奇心を密教寺院への参拝が刺激する。

1時間に1度、本堂では「護摩祈願」が執り行われる。大勢の僧侶が御本尊を前に密教独特の火を起こして読経をするものだ。この日も、本堂に上がりその祈願での御利益を請うた。僧侶が事前説明を行った際に、2mほどに上がる炎が、密教では仏様そのものであるという解説をした。そんなこともあって、読経が鳴り響く中、立ち昇る炎を見つつ心を澄ませてみた。不規則に搖動する炎は、時折小さな火の粉を天井へと放ちつつ、力強く燃え上がった。その空間と炎の濃淡が何かを浮かび上がらせるような幻影をもたらす。仏の前で心を澄ませるというのは、こうした先にあるのだと無心の入り口程度までは行き着けた思いであった。

思い返せば、私立中学受験・就職・社会人として修士論文を完成させた歳など、人生の節目には、必ずこの寺で心を澄ませてきたと振り返る。今年1年の自分自身の歩む道を祈願しつつ、日本という国の安泰を願わずにはいられなかった。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/797-bb0c0d53

<< topページへこのページの先頭へ >>