fc2ブログ

串揚げ

2011-11-04
 決して高級料理ではない。むしろ庶民的な雰囲気が店内に漂う。にもかかわらず、1本1本出される楽しみが味わえるのが串揚げである。京都に到着した夜に訪れた串揚げ屋さんに再び。

 この日も多くの客で賑わっていた小さな店内。忙しそうなので迷わず「おまかせ」を注文。これはお店の方でその日の優れた具材を中心に選択して、適度なタイミングで串揚げを出してくれる。満腹になれば”ストップ”をかけると出ている串で終了となる。

 牛肉、エビ、蓮根、湯葉、焼売、ハモ、ししとう、しそ巻き、豚肉、紅生姜…………等々。


 意外なのがいつ”ストップ”するかが難しいことである。次には何が出てくるのかという期待感が常に伴うからだ。この日は、店員さんが「まだ大丈夫ですか?」と声をかけてくれて、ラストに「紅生姜」で締めた次第。


 ひとときの食事の楽しみとしては、なかなかよい時間。冷酒とのとりあわせも抜群である。

 単純ながら多彩であり客を飽きさせない。
 串揚げの道理に学ぶことも多い。



関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/733-3ed895ec

<< topページへこのページの先頭へ >>