fc2ブログ

サプリメントの効用

2011-07-28
 なかなか食事で十分に摂ることができない成分EPA・DHA。それからPCに向かう時間が長いので眼の負担を考えてブルーベリー成分。野菜不足を懸念しての青汁。以上、3種類のサプリメントを始めて3年近くなる。その効果がどのくらいか等と実測できるものではないので、ただひたすら継続はしている。

大学受験の時、母がいくつかのサプリメントを購入し、飲むように勧めてくれた。確かプロティンとビタミンEの小麦胚芽、それに整腸作用のあるビフィズス菌の粉末だったと記憶している。当時としては、高価だっただろうと今にして思うが、母自身もそのサプリメントで、身体が厳しい時季を乗り越えたのだと後に聞いたことがある。

反対に父は、サプリメントに懐疑的であった。日常の食べ物から栄養を摂取すればいいと言って憚らなかった。場合によると、サプリを信奉する母に対して「騙されている」とさえ言い切っていた。そのせいか父は、時折、大変美味しいところへ食事に連れて行ってくれるグルメであった。

両親双方の考え方を、ともに尊重したくなる感じだが、果たして今、サプリメントを飲んでいる自分は、その効果を実感できているのだろうか。とりあえず継続は力なり。秋になれば最初の3年間という一区切りを迎える。

ジムに行くと、様々なサプリメントを宣伝している。この日も試飲会があり、運動前に脂肪燃焼効果が高くなる粉末を飲んだ。運動後には、アミノ酸を主成分とする疲労回復効果の高い「リカバリー」という粉末を飲んだ。確かに、運動した後には通常より大量の汗をかいたようにも感じる。疲労回復は「明朝の目覚めが違います」とメーカー担当者の言葉。

これほど運動生理学等が科学的に研究されてきた時代であるからこそ、サプリメントは、まさに「栄養補助食品」とも言えるのだろう。「栄養補助」が母の発想、「食品」が父の発想と考えれば、相互に間違った考えではなかったと気付く。現に今でも二人揃って年齢の割には、元気に仕事を続けている健康体である。

まずは、どのサプリメントを的確に選別して摂取するかが重要だろう。

若干の贅沢であるとは思いつつ、身体コンディションに投資するのも悪くはないと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/641-4b7cd7c5

<< topページへこのページの先頭へ >>