fc2ブログ

豆腐の効用

2011-07-27
 子供のころから豆腐が好きだ。東京の下町育ちという生育環境も影響しているとは思う。住んでいる街に豆腐屋さんがあって、必ずそこで豆腐を買う。幼少の頃、商店街に八百屋・魚屋・肉屋・乾物屋等、必ず一回りして母と買い物をした記憶がある。中でも豆腐屋では、水の中に大きな豆腐があり、それを特大の包丁で切って売ってくれる場面を見たくて目を凝らしていたものだ。

なぜなら、あれだけ大きな包丁であるにも関わらず、切る対象である豆腐を手の上で切るからだ。豆腐屋のおかみさんが、世間話をしながら手の上で豆腐を切り、大きな方は再び水の中に沈む。後に考えれば、水中で行われたことなので手には何ら支障はないのだが、幼い心にはそれが手品のようにも見えたのである。

そんな経験があるからか、今でも近所の豆腐屋で買う。おばさんはいつも世間話に付き合ってくれるし、やや腰の曲がったおじさんは、幼少期に見ていた豆腐屋のおじさんと似ている。豆腐屋のおじさんは、職業的に腰に負担がかかるのであろう。その豆腐屋さんが包んでくれたビニール袋に、次のような豆腐の効用が印刷されていた。

イソフラボン=ガン予防
ビタミンB群=集中力アップ
ビタミンE=若返り
レシチン=脳の老化防止
サボニン=血中コレステロール減少
現代人に不足しがちなミネラルも多く含みしかもノンコレステロール


広告とはいえ妙に納得した。やはり豆腐は、長寿な日本人の食生活を支えているのかもしれない。

 しかし、ここに記したような豆腐屋さんが少なくなってきている。もはやスーパーで販売されている豆腐では、納得しない舌になってしまった。通勤通学途中で、豆腐屋さんの前を通ると、何とも言えない大豆の香り。そんな街が少なくなってきている。

現在の場所に居住して、意図せず最高の豆腐屋さんに出会った。それは何とも奇遇でもあり、また運命なのかとも思ったりしている。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/640-ad563e22

<< topページへこのページの先頭へ >>