fc2ブログ

チャーハン(炒飯)は美味い!

2011-06-28
時折、無性に食べたくなるメニューの一つがチャーハンだ。調理法も単純で特別な具材が入るわけでもなく、店で食べても自分で作ってもすぐに食べられる手軽な料理である。だが、このチャーハンこそ奥深い料理であるような気がする。

初めて入る中華料理店では、まずはチャーハンを注文する。できればそれに餃子を付ける。チャーハン・餃子を食べてみれば、その中華料理店の実力は大概わかる。チャーハンは、中華鍋をどのように使うかが顕著に現れ、餃子は具材の内容や皮の仕込にどのくらい思い入れがあるかが現れるからだ。

中国に行った時も、大抵が食事の締め括りにはチャーハンを注文する。それ以前の料理が舌に合わなくとも、チャーハンはほぼ間違いがない。また、アメリカに行って米粒がどうしても食べたくなった際には、中華料理店かタイ料理店に行って「フライドライス」と注文すれば、ほぼ過剰な欲求を抑え込むことができる。

今まで最高のチャーハンはと聞かれると、間違いなく大学近くの学部時代から馴染みの中華料理店を挙げる。しかし、その店も今や諸事情で休業中である。自分にとって世界一のチャーハンなので、ぜひ復活して欲しいと願っているのだが。


チャーハンは美味い!

無類のチャーハン好きなため、むしろ店は厳密に選んでいるのかもしれない。

野球選手が一振りでファンを魅了するように、1杯のチャーハンにこそプロの力が表現されているのだ。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/611-359591d5

<< topページへこのページの先頭へ >>