fc2ブログ

筋肉への負荷

2011-06-21
 週3回は必須と決めているジムでのトレーニング。最近は殆どがスタジオプログラムへの参加である。その3回を、筋トレ的プログラムと有酸素的プログラムに振り分けているのだが、最近はその取り合わせに迷う時がある。もう1回増やして4回行ける週に関しては、2回ずつ参加できるので問題はない。3回の週でも、ある1日に2つのプログラムに連続参加という手もあるのだが、それはそれで翌日へのダメージも大きい。

 このように迷う要素として、筋肉への負荷の問題がある。筋トレを1週間ぶりに行うと、大変きつく感じるということ。前週と同じ重さのバーベルを使用しているのに、筋肉への負荷が大きく掛かっているかのように感じるのだ。これはやはり筋肉の性質からして、鍛錬を怠ると退化している証拠のように思う。なので、週に2回は筋トレプログラムという欲求が生じる。

 かたや、脂肪燃焼という願望も強くある。尊敬するイチロー選手が、体脂肪6%であることを知ってから、せめてその倍の12%を目標に頑張っている。ようやく最近、時折体脂肪計が12%台を表示するようになった。かなり以前に、健康診断で中性脂肪値が基準値を越えてしまっていた頃とは、隔世の感がある。そんな感覚から、せめて週1回は、ジムのプログラムの中で、一番激しい有酸素プログラム60分に参加するようにしている。


 かくなる迷いなどともかく、このように運動が習慣化したことは、自分にとって大きい。月にジムへ行くのが12回から14回を数え、たいてい行く日は、風呂をジムで済ませてくるので、ガス代・水道代の大幅節約にも貢献している。

 とりあえず体脂肪率12%台を平均的に記録するようになったら、次は1桁台が目標になるのだろうか。体脂肪は下げれば下げるほど、健康の為にいいのだろうか?そんなレベルで、今度はインストラクターに相談をしてみようかと思う。


 筋肉と脳への負荷は、日頃からコンスタントに!

 身体の活性化は気分爽快!
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/604-9c3d3787

<< topページへこのページの先頭へ >>