fc2ブログ

放射能汚染水、海へ放出でいいのでしょうか?

2011-04-05
4日(月)夕方になりWebやTV等の情報源を見ていると、「福島第一原発から低レベルの汚染水を海に放出」というニュースを眼にした。ちょうどこの日は、広瀬隆氏の地震後の講演などをWeb映像で見て、そのあり方を深く考えていた矢先であった。広瀬氏の考え方・手法などについては、以前から様々な批評を受けてきたが、そのプレゼンの明確さには目を見張るものがあった。

 それを見ながら考えたのは、政治・経済を中心とする日本社会の過ちにより、身近で原発に関わることになる人がいたら、どれほど辛いだろうかということだ。それ以前に、東京に住む自分自身の健康被害が、勿論懸念されにしても、現在も「福島」の原発内で懸命の作業をしている人々もいる。会社組織の一員として、そこにやむを得ず従事しなければならない人々もいるはずだ。

 昨日の花見宴会にも、実は東電の社員である方がいた。実に複雑な心境であることを吐露していたが、組織と個人との関わりにおいて、その苦しさを垣間見るようであった。また、大学時代に世話になった先輩に東芝の社員もいる。彼は優秀な技術者であったから、もし抜擢されでもしたら、「福島」に向かわざるを得ないのだろうか?などと考え、辛い心境になった。早速、電話をしてみようかという気持ちになった。

 自分の身近な人を、危険な目に会わせたくないというのは人情だろう。この大震災を通じて、多くの人々の悲しみ苦しみは、そんな家族愛・隣人愛の中にある。それだけに、「みんなで支えよう」とか「日本が一つになろう」とか標語が飛び交う。それはそれで否定はしない。だが、本当に多くの日本人が、お互い同士で思い遣りをもって生きていくには、何かもっと大切なものがあるように感じるのだ。

 誰しもが、自分の身近な人の安全を守りたい。そんな発想に立てば、原発の存在は脅威だ。折しも、「汚染水の海中投棄」が当然かのように実行される。全く信用が置けない「原子力安全 保安院」の計算では、またまた「健康に被害はない」という。「低レベルの汚染水」を放出するというのだが、どの基準から見て「低」なのか、まったく理解できない。NHKのニュースなどでは、「法律に従って」という枕詞が付いた。法律に従っているのだから正しいと言わんばかりの報道である。現実には(「原子炉規制法64条」に基づく)「緊急時のやむを得ない」特別措置であるはずだ。それでも、「(原発内が)危険だから、やむを得ない」で済むことなのか、甚だ疑問が拭えない。「冷ます」「止める」「閉じ込める」の原発安全三原則が、全く実行できていないことになる。

 海への放出(実際には、意図的放出をしなくとも漏れ出しているのだが)、は、海洋生物に大きな影響を与えるだろう。小さな魚たちが汚染されれば、それを大きな魚が食べて、「放射能汚染連鎖」は止めどなくなく拡大する。勿論、海藻や貝類も含めて。今後、東日本の海は、どれほど汚染され続けるのか。水俣病などを生み出してしまった過ちは、今にして何ら改善されることなく、「汚染水」は海に投棄すればいいという短絡的な発想で処理される。「原子力安全 保安院」と政府が、唐突に短時間で決定したように見える不信感は拭い去ることができない。漁業関係者の戸惑いは計り知れないだろう。

身近で不安に直面した漁業関係者はいますか?
 
汚染された魚を、あなたの大切な人に食べさせますか?
 
海と共生してきた日本を喪失していいのでしょうか?
 


「日本が一つになる」というのは感情論ではない。一人一人が、自分の大切な人が危険に直面したらどうするか。それを冷静に客観的に、隠蔽を排除する批評眼を以て、きちんと向き合うことであると思う。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/544-8f600f4f

<< topページへこのページの先頭へ >>