fc2ブログ

35年前の欧州へあくがれて

2024-02-10

社会人になった頃の憧れとして
登山家の知人とそして欧州へのそれ
2010年にアメリカ・カナダの旅も一緒に

遥か35年前のことだ。教員となり社会人になりたての頃、冬休みを丸々活かして欧州の旅に出た。目的は、両親の知人である登山家がフランスに住んでいるのを訪ねるものだった。格安の当時「ソ連」の航空券を買い、モスクワで稀有な体験のトランジットからチューリッヒにまず入り鉄道でレマン湖沿岸を走りジュネーブに到着した。この往路そのものが「冒険的」で、トランジットでの「ソ連」の怖さ(空港からの移動バス内でパスポートを自動小銃を携えた兵士に取り上げられ一晩管理された)やスイスの電車内の陽気な欧州人との交流は実に良い経験であった。ジュネーブから車でそう遠くないフランス領内に知人の家はあった。ちょうどクリスマスを迎える頃で、欧州の家族のクリスマスを体験できた。

知人は登山家ゆえシャモニーを案内してくれ、確かミディという頂にロープーウエィで一気に3000m以上上昇し軽い登山病的(目眩・頭痛)な経験もした。さらに僕自身でイタリアへ電車で出向いたりフランス・イギリスまで欧州を南北に駆け巡った。ちょうどベルリンの壁を壊している時で、知人はその欠片を拾いに行こうかなどと言っていた。現実には片道1000Km以上ということで断念したが、今思えば知人を焚き付けて行くべきだったと思う。知人はかなりの過酷な登山で危険な経験をしており、俗にいう破天荒な発想に若い僕は大変に憧れていた。2010年にはこの登山家と僕の父も同行し、米国シアトルとカナダのモントリオール・トロント・ナイヤガラを巡った。イチローを生で球場観戦し松坂のトロントでの登板も観ることができた。その際も知人の感覚の違う冒険心は、旅先での心を躍らせてくれた。人生は旅、そして時に破天荒な行動も大きな醍醐味だと思うのである。

その知人と10数年ぶりの再会
どこか牧水の「あくがれ」の感覚がある
確かに中高教員一筋ではない僕の歩みも「あくがれ」なのかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5175-875a7840

<< topページへこのページの先頭へ >>