fc2ブログ

幸運は忘れた頃に

2024-02-07
他の作業をしていて思いつき
プリンターのWiFi接続が叶った
一点のぬかるみでエンジンを吹かし過ぎないことだ

前日から課題だった研究室プリンターのWiFi接続、朝出勤するとやはり今一度昨日の動作をくり返してしまう。だがすぐにこれ以上は自分には手に負えないと諦め、他のやるべき作業に入った。それでも机のすぐ傍に置かれた新しいプリンターが、早く仕事がしたいと呟く。なにかが宙ぶらりんになっているのは、誠に歯痒い心境である。それでもやるべき仕事を優先して前に進め、昼食も済ませた。後期末ゆえに、試験や評価の仕事が山積している。すると午後三時を過ぎた頃であろうか、急にプリンターの接続構造が頭をよぎった。作業を中断して試してみると、なんとPCのデータがWiFi経由で印刷できるではないか!その瞬間の嬉しさは、なんとも言えないものがあった。

短歌作りもそうだが、あまり一点のぬかるみの中でもがき過ぎない方がいい。自動車が雪道で嵌るように、エンジンを吹かせばタイヤは空転するばかり。周知のようにギアを一つ上げて、緩やかに前後に振るようにしていると、振動で雪から抜け出すことができる。他にもネジなどを無理やり回すと、ドライバーを差し込む凹凸が欠けてしまいどうしようもなくなることもある。ぬかるみに嵌ったら、まずは力を抜いて視点を変えることが肝要である。なぜか短歌も同様な作用が多く、あまり意識しないで出した歌が特選などに入選する場合が多い。「これこそは」と意識すると、大抵はあまり評価されない。野球やゴルフの経験でも同様に、あくまで力みは禁物である。

可能な限り向き合うことで見えてくることも
そして一時的に放置して目先を変えてみる必要が
幸運はいつも忘れた頃にやってくる。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5172-434ceb60

<< topページへこのページの先頭へ >>