fc2ブログ

「語らない授業」という指摘

2023-11-30
学生たちと講義について語り合う時間
「語らない授業」という指摘に考えさせられる
なぜこれをするのか?先生はこう考えると教科書の行間を語ること

大学全体として学生参加の「授業への意見を聞く会」が企画開催され参加した。昨今、授業ごとにアンケート評価が学生の手によって為されるのは普通のことになった。各前後期ごとに学生側から僕たちの授業は評価され、特に自由記述欄に書かれていることは毎回の改善点として次期の授業に活かすようにしている。アンケートを読んで考えるのは、こうした自由記述にも意見が書きたくなる授業を目指したいということ。もちろん学生に積極的に書かれるためには、正負の両面があり「学生との対話が上質に生成された場合」と「学生がこれだけは勘弁してほしい」と思うことでもちろん前者を目指して授業に取り組んでいるということだ。特に「何のためにこの授業内容をその方法でしているのか?」という必然性が、学生に伝わるよにするか否かは大変に肝心な要素であるように思う。

この日の学生たちから出た「こうした授業は改善してほしい」という部類の意見で、「語らない授業」という指摘があった。「資料や教科書を読むだけ」など、聴いている学生に授業者の意識が向いていないということだろう。一人芝居のように自分だけで一方的に喋り、自分だけが納得しているかのように授業の時間を空費する。お客様あっての落語、お客様あっての音楽ライブとは全く正反対に、聴衆の存在を意識下に置かないような授業を学生は深く憂いていることがわかった。僕自身が生徒や学生の頃、やはり同様なことを大変に強く実感していた。それは僕が幼稚園の頃に「人の話を聴くときは、相手の眼を見てしっかり聴きます」と習慣化されていたため、高校の時などでも生徒の眼を見ないで勝手に喋る先生には甚だ辟易とした。反対にこちらが授業に集中していないことも見抜かれるほど、眼と眼で語り合えた先生もいた。大学となれば人数が多い講義もあるのだが、やはり原則は「一人一人(の眼に)に語りかける」ことだろう。コロナ禍でのオンライン講義のせいか眼を見ない学生も増えたと感じる昨今、「どうして対面に効果があるか?」という意識を常に持ち「相手の眼を見て語りたい」ものである。

自分勝手な自己完結・自己陶酔
いやいや90分をいかに浪費しているか
政治・社会でも横行する「語らない答弁」ばかりの社会は頽廃することを肝に銘じるべきだ。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5104-48df0c6a

<< topページへこのページの先頭へ >>