fc2ブログ

リゾートキャンパスー青島の海とプロキャンプ

2023-11-08
不思議な神の島に牧水も恋の成就を祈り
秋季キャンプは巨人軍に日本代表
憧れの地にあるキャンパスとして

この地に住むことになるとは、僕自身もまったく予想をしていなかった。あれは今から14年前、第2回WBC大会(2009)に向けての日本代表宮崎キャンプを観るため僕は初めて宮崎の地を踏んだ。イチロー・川﨑宗・ダルビッシュ・松坂など錚々たるメンバーが集結する夢のようなキャンプ、中高教員だった僕は平日に有休を取ってどうしても初日から宮崎に来たかった。球場最寄りの木花駅からサンマリンスタジアムへの道順などを綿密に調べ、スタジアムの先には美しい海があることも事前調査していた。今思えばこの地域に居住し大学教員ができきるなんて、まさに夢のまた夢であったと振り返ることができる。僕の宮崎との縁は、WBC日本代表をイチローさんが牽引していた頃のチームに由来するのだ。

自宅や大学から青島までは10分少々あれば行くことができる。海の近くに住むこと、そしてまたこの上ない綺麗な海。さらには山幸彦と豊玉姫の神話にゆかりの地、若山牧水も「檳榔樹の古樹を想へその葉陰海みて石に似る男をも」と東京にいる恋人へその恋を願掛けのように歌に詠んだ。小欄執筆後に毎朝のウォーキングに行くが、自宅近くの小高い丘からその青島に向けて毎日のように日々の安寧を祈っている。野球と青島と若山牧水、この10年間の宮崎生活でこの三者が心地よいバランスで結びついている。ゆえに現在もまた巨人軍と日本代表(今回は2月にオリックスバッファローズが使用する球場施設)がキャンプを張る中で、青島から素敵なご縁も舞い込んで来る。僕は実に素晴らしい地に住んでいるのだと、あらためて幸せを実感している。

野球に対する心の底からの愛好
青島は僕と一番大切な人と宮崎と短歌を結んでくれた
あらためて「今此処」を大切に生きようと思う。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5082-a179f4ef

<< topページへこのページの先頭へ >>