fc2ブログ

人の話を聞くときはー独善に陥らぬために

2023-10-31
「相手の眼を見てしっかり聞きます」
話し合いは「相手の話を聞いてから話します」
幼稚園で習った小さな作法(幼児から大人まで)

入試で「国語」の問題を解くとき、研究で先行研究を読み自説を立てていくとき、そしてまさに短歌を読み・詠むとき、何より注意しなかればならないのは自らが「独善」に陥ることだ。「独善」という語をまずは独善的にならずに意味を取ると「客観性がなく自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。」と『日本国語大辞典第二版』の項目二にある。(項目一は「他人に関与しないで、自分の身だけ正しく修めること。」とあり元来が『孟子』に典拠があり、平安朝漢詩文などで使用された単語である。)人は例外なく自分自身の考え方・感性・感覚を持って生きている。だが他者の言うことを「客観的に適切に理解する」ことが、何よりも肝心なのである。

入試問題「国語」を読み解くときに、自分の先入観があっては文章の適切な理解はできない。「独善を排し丹念に文脈を追うこと」ただこれだけが入試攻略の鍵だと講習で習ったとき、高校3年生の僕はハッとさせられた。今までいかに自分だけの思い込みで文章を読んでいたかと・・・。個々人が主張や考えを持つことは重要だ、むしろ日本ではそこが不足していることを多くの分野で指摘される。だが「主張や考え」を持つためには、まずは他者のそれを尊重できなければ始まらない。この入試解答の基本姿勢は、僕にとって幼稚園で習ったことに通じる。「相手の眼を見てしっかり聞く」ということは、「相手の立場になる」ということだ。誰しもが自分の考えを相手に「伝えたい」と思う、その立場になるならばまずは「相手の話を聞いてから話します」が前提となる。僕自身も若い頃は主張が強すぎて、よく「相手の話に割り込む」ことがあった。「割り込め」ば相手の話の趣旨をズラし、自分が言いたい事に誘導しかねない。ここに入試も研究も短歌も「読めなくなる」独善的な落とし穴があることに気づく必要がある。

会議・質疑・会話の基本的作法
自分が話しているときに遮られることを想像して
「独善」と「独自」の大変に綿密で微妙な差異を短歌は見定めさせてくれる。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5074-d0d0f292

<< topページへこのページの先頭へ >>