fc2ブログ

活力の源

2009-09-29
28日(月)。10年ぶりぐらいになるだろうか。大学院時代の恩師と同期生3人で再会した。自身の専門科目ではない授業科目であったが、さながら「ゼミ」のような親密さと、先生と受講生の活力がみなぎる授業であった。

 10年という月日において、それぞれ違う道を歩んでいるが、再会した4人の活力は更に向上しているかのように感じる。酒がすすみ歓談する内容から、社会との様々な接点でそれぞれの活躍があることが透けて見えてくる。

「ゼミ」とは、もともとドイツ語のようだが、語源をたどれば「苗床」という意味があるという。そこで育てられ、その後大きく成長すべきであるという願いが込められた場所なのだ。通常は自身の専門に関する場合が多いが、このように学際的であるからこそ、「苗床」としての意義を十分に発揮する場合もある。

 恩師や同期生の活力に触れて、改めて自身の中にも新しい力が湧いてきた。大学院で学んだことは、何も専門の内容だけではなかったことを実感した1日であった。
関連記事
スポンサーサイト



カテゴリ :日記 トラックバック:(0) コメント:(-)
tag :
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/5-6d699f0f

<< topページへこのページの先頭へ >>