fc2ブログ

飛べることへの感謝

2023-08-11

欠航・欠航の末にやっと
1時間半の移動のありがたさ
航空機によってわたしたちは・・・

自然の猛威に左右されつつ、また人類が作り出した脅威的な移動手段である航空機の恩恵をあらためて深く実感する機会となった。距離約1200Kmを、離陸すれば1時間半程度で移動できる。同じ時間でもし自分が徒歩で移動するとしたら、約10Kmがせいぜいだろう。時にその距離を実感できないことへの嫌悪とともに、誠にありがたき時代に生きているというジレンマの中に僕たちは生きている。何事も失われてこそそのありがたみがわかるものだが、台風による欠航は現代における航空便の利便性をあらためて骨身に沁みて感じさせられる機会であった。

空港まで行くと各航空会社のカウンターは長蛇の列、たぶん振替便や空席待ちの手続きのためだろう。僕の場合はスマホの航空会社アプリで座席指定まで全てを終えているので、空港のカウンターには寄る必要がない。この日の朝まで数日間、スマホの航空機情報に常に向き合うことができたのもWebのお陰である。それでも空港にはかなり余裕を持って到着、機材ぐりなどにより朝の1番・2番の便はやはり欠航を余儀なくされている。次第に晴れ間も出てくるような天候、羽田からの機体が約10分程度の遅れで空港に着陸するのを見て、やっと僕は東京に行けると確信した。

「国語教育全国大会」1日目が終わる頃
僕はやっと宿とするホテルに到着した
親友たちとの夜の予定に間に合ったことで癒されつつ・・・


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4994-b9ab71da

<< topページへこのページの先頭へ >>