fc2ブログ

やりたいことが仕事ー堺雅人さんに学ぶ

2023-07-31
俳優・堺雅人さんの芝居への像熱
新たなドラマ「VIVANT」への期待
読書家として宮崎が生んだ輝く才能

日曜ドラマ「VIVANT」が、毎週楽しみだ。「半沢直樹(続編)」以来の堺雅人さん主演ドラマであるが、性格はいささか違うものの企業人である主人公が国際的な舞台で機密情報に関わっていくスリリングな展開として堺さんの演技が際立つ。企業・公安・国際社会における虚構の仕掛けも興味をそそり、思わず「仕事・個人・国境」などのテーマを考えさせるドラマに仕立てられている。それにしても半沢直樹よりもやや頼りないキャラクターを、表情や所作を含めて好演している堺さんの演技力にはあらためて魅了されてしまう。その基盤としての読書家としての才や演技にかける努力は、並々ならぬものがあるのではと想像している。

昨晩はドラマ終了後に、そのままバラエティ番組に堺さんが出演していた。そこでは「仕事が趣味」だと述べて、今回のドラマロケ地であるモンゴルに2ヶ月滞在してもまったく辛いことなど無いと語っていた。共演者の阿部寛さんが述べていたことだが、ロケ地の文化にはまり込むような順応性が堺さんには見られると云う。ロケ地の文化を肌で味わい、受け止めたものを演技に活かす。かつてのエピソードとして、台本が届いて風呂で読み始めたら5・6時間も出られなくなり熱中して読んだと云う。「演技=趣味」のように行っているので「仕事」だという感覚がなく、「家事・育児」の方が辛いのだと漏らしていた。この演技への没入力が、我々をドラマの世界へ引き込む大きな要因となっているのだろう。

「仕事=やりたいこと」でありたい
あのまろやかな笑顔は宮崎が生んだ太陽である
大学入試の数学試験がわからず裏に小論文を書いた、どこか牧水にも通じている。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4983-63dce092

<< topページへこのページの先頭へ >>