fc2ブログ

テーマ詠「結婚式」〜宮大短歌会23年度6月歌会(2)

2023-06-28
参列の経験がある人はどれほど?
時代感とともに変化している「結婚式」への見方
さらには「結婚式場」という言い方、「式」なのか「披露宴」なのか

宮大短歌会の今月2回目の月例歌会が開催された。出詠8首、出席6名、黄昏の明るさの残る附属図書館のやや大きな一室に集まった。今回はテーマ詠「結婚式」、現代の学生がどのような「結婚式観」を持っているか?大変に興味深い歌会であった。先日も「日本の恋歌」講義にて紹介した数字だが、「2022年度男女共同参画白書」に拠れば、2021年婚姻数は「51万4千組」で戦後最少、30代の4人に1人は「結婚願望なし」という状況が報告されている。未婚化・晩婚化の社会は少子高齢化社会に拍車をかけ、政府が「異次元の」などと言ったところで大きな改善への期待は望み薄というか手遅れな感さえ否めない。講義でもそうだが短歌を通じて、恋や結婚の素晴らしさを知る機会になればと、老婆心ながら考えている次第である。

歌の素材は「祝福の鐘」「激励」「来場の多さ」「司会者」「ブーケ」「結婚式場」「母親」「花束」であった。歌会では司会者が「結婚式に参列した経験がある人」といった問いも発し、その経験の有無をまずは披瀝する。僕などは自らのはもとより、友人知人の披露宴司会の経験が豊富であり、学生たちの経験とは大きくかけ離れていることが意識された。かつて昭和の華奢な結婚式のイメージは、既に時代を大きく隔てていることを実感せざるを得なかった。果たして「結婚式」とはいかなる存在か?「結婚」をそのものを選ばず、または多様な「結婚」を考えるべき時代、真に伴侶と結び合うとはどういうことか?どうやら戦後最少の数字の陰で、結婚式場も経営が厳しいはずだと気づきも。変な連想であるが、街中には「セレモニーホール」がかつてより目立つ世の中である。いくつかの歌から、そんな背景まで読んでしまう。だがこの現実を学生たちと共有しつつ、昭和の「結婚式観」を伝えることができたという意義が僕の中に生成された。

形式よりも「あなた」と生きるための意志こそ大切
少子高齢化を助長してきたこの国の社会のあり方として
やはり「恋」の素晴らしさを短歌によむ機会を学生たちと共有していきたい。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4950-209c92a5

<< topページへこのページの先頭へ >>