fc2ブログ

宿縁ーなぜこの人と出逢うのか?

2023-06-15
出逢う人々に助けられること
なぜか東京での縁を経由して親しくなったお店
宿縁=「前世からの因縁」

昼休みを利用して母を市役所支所まで連れていく道すがら、昭和感が満載の喫茶店でランチをとった。かねてから何度かは入店したことはあったが、店主と懇意にするまでには至っていなかった。しかし、この4月に東京で懇意にするBarの店主が、店の近くにできた「中華料理居酒屋」が良い店だと紹介してくれた。早速そのお店に腹ごしらえに行き、当該店の店主とも親しく話をすることができた。そして僕の居住地を話すと、バイトに宮崎出身の人がいるという話になった。さらに僕の仕事に言及すると、「彼は大学近くの喫茶店が実家ですよ」と教えてくれた。店の名前を聞いて驚いたが、前述した大学近くの昭和感ある喫茶店であった。その日のシフトではバイトに入っていなかったが、名刺を店主に託し遠い東京で出逢った宿縁ではないかとささやかな喜びを抱いた。

このような訳で、喫茶店の店主と親しく話すようになった。この地に来てからというもの、こうした不思議に思える縁に数多く恵まれている。若山牧水が慕った先輩歌人・太田水穂の家は実家近くの僕が産まれた産院の前にあったとか、宮崎に赴任直前まで住んでいたマンションの土地は牧水が仕事場に借りていた場所であったとか、誠に宿縁としか思えない。また親友となった人の母親が僕の母と同じ新潟出身であるとか、その親友の妻は僕が大学時代にその近辺に住んで同じ店などに出入りしていたとか・・・。自らがこうした宿縁を大切にしようとし始めたからだろうか、宮崎に住むようになって特に眼に見えて恵まれているように思える。出逢う人出逢う人が、誰しもが優しく穏やかで、それゆえの包容力の大きさを持っている。生きて行くにあたり、この「宿縁」に気づき大切にできるかできないかで、歩みゆく道が穏やかかどうかが決まるような気がしている。

つなぐことのすばらしさ
人と人とは支え合っているのだ
小さな縁を大切にして今日も前に歩みを進めたい。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4937-ffdbc5fd

<< topページへこのページの先頭へ >>