fc2ブログ

あたたかさとはなにか?身に沁みる冬の夜空

2023-01-12
ある著名な方からのあたたかい贈り物
思いをつないでいつも心を寄せることの大切さ
そして色々なことに気づかせていただき学びを得る

人とのお付き合いこそ、人生の醍醐味である。かの若山牧水は旅好き酒好きで知られるが、言い換えれば訪問を重ね酒宴で交わるゆえ「人好き」だと考えた方がよい。同世代の詩人である萩原朔太郎との交流も知られるが、朔太郎のいない群馬県の実家を突如訪問した際には、あまりに着飾らない旅姿に朔太郎の親が「これが著名な牧水とは思えない」と判断し追い返したという逸話もある。縁あれば飾らず「訪ねる」ことの大切さを、考えさせられる。僕自身の交流を思うに、世に著名な方々とのお付き合いから学ぶことが多い。偶然の出逢いの契機、著名とはいえ飾らないお人柄、人としてのあたたかみが深く感じられる方々との交流は、人生に厚みと豊かさを与えてくれる。

昨日は「あたたかいもの」と謎かけのあった贈り物が届いた。京老舗のうどんで、この時節に格好の逸品であった。先月に上京した折が、偶々公演日であったことから残り少ないチケットを入手し観劇することができた。感染対応で終演後のご挨拶などもできず、通信でのやり取りであったが芝居に心を寄せた思いが十分に伝わっていて嬉しかった。その後もクリスマスに向けて、自著をお送りするなど小まめな交流によって心があたためられていた。自己を飾らず接することで、真心でのお付き合いができることを知る。「人生そのものが旅」だとすれば、先方との「駅」に途中下車する時間が誠に尊い。幸いSNSなどでの小まめなメッセージ交換が可能な世の中もありがたい。冬ゆえの「あたたかいもの」を、心に深く受け止める夜であった。

人付き合いは人生の宝
生身の人間が裸のこころで向き合うこと
あたたかさとはなにか?誠に身に沁みる冬の夜空である。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4785-374a00c9

<< topページへこのページの先頭へ >>