fc2ブログ

心の内部に静かに入る

2010-11-27
26日(金)小欄の言葉は、「慎ましい」だろうか?それとも「無闇に烈しい」だろうか?言葉の有り様について、久しぶりに腑に落ちるような内容の文章を読んだ。

 この日の朝日新聞朝刊「天声人語」欄で、清水幾太郎の文章が紹介されていた。

 「無闇に烈しい言葉を用いると、言葉が相手の心の内部へ入り込む前に爆発してしまう。言葉は相手の心の内部へ静かに入って、入ってから爆発を遂げた方がよいのである。」(『論文の書き方』)

 何とも至言である。慎ましくかつ、内部で爆発する力を持つ言葉は、他者への訴えにおいて抜群であろう。しかし、なかなかそのような珠玉の言葉を紡ぎ出すのは難しくもある。

 当該の「天声人語」では、「口論」に成り下がった国会での現状を憂いている。当新聞の投書欄にも、そのような投稿が多いのだそうだ。「とりわけ野党の若手議員に多い」と前置きして、「ヒステリック症候群とでも称する態度」で「大げさな物言いや、汚い言動で罵倒」するという。さらに「これでは一種の低俗番組」だと手厳しい投書も多いと紹介する。

 さらに、「言葉は魔物だから、自ら言い募るほど自ら酔っぱらう。ゆえに言葉はますます尖って、盛大になるが、言っている当人の人望は下がるばかりだ。」と国会の代表質問などへの憂いが述べられている。

 少なくとも国民から選挙で信任を得た議員であれば、「言葉」の何たるかぐらいはわきまえた教養ある物言いをして欲しいものだ。TV番組の低俗化も目を覆うばかりの状態が散見されるが、それと立法府の状況を同一視しなければならない国民は、不幸のどん底とも言えようか。

 世界の加速した様々な進化や変化に、この東アジアの孤島は果たして付いていけるのか?国会の言論事情一つを見ても、甚だ不安が多い。

 「言葉」こそ「思考」であるという、最低限の認識ぐらいはわきまえて生きていたいものである。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/422-fd454773

<< topページへこのページの先頭へ >>