FC2ブログ

オンラインで叶わぬ雑談と懇親会と

2021-03-07
休日出勤の仕事の合間にも
オンラインならではで研究発表会に参加
だが参加の面々と雑談や懇親会ができない虚しさも

季節柄、諸々の仕事があり休日ながら出校をした。大学の役割を担うにあたり土日に業務が入ることで困るのが、研究学会への参加との重複である。コロナ以前であれば、昨日の土曜日に東京で行われた研究発表会に僕は、確実に参加することができなかった。しかし「オンライン開催」ということで、校務が落ち着けば参加できると考えて参加申込をしておいた。ありがたくも校務は発表会以前に概ね終えることができ、研究室のPCにて研究発表を聞くことができた。この研究学会は、僕自身も院生時代から育ててもらった思い入れの強い学会。例年は、この年度末と後期開始前の9月末に開催ということで、ともに校務が重複する期であり、最近は参加できていなかった。誠にオンラインはありがたい。

しかし、多くの研究仲間が参加しているものの、オンラインでは雑談もできない虚しさもある。対面で会場に行けば各々の近況報告など、様々な人々との情報交換もまた有意義な時間だ。研究発表のみならず、こうした機会であることが学会の意義とさえ思う。もちろんこの日の研究発表を聞いて、僕自身も新たな研究意欲が掻き立てられたのは確かだ。ただ、雑談やましてや懇親会があればなおさら、大きく心が揺さぶられ明日への意欲や意識に繋がるものである。学会を運営する事務局の先生にも、発表者にも、司会者にも、何らかの労いの言葉や議論をしたいことが山ほどある。あらためて「新型コロナ」が僕らから奪った、「雑談と懇親会」の効用を深く実感する機会ともなる。

黒い画面上の巣箱に書かれた各自の名前文字
質問者以外はなかなか拝顔の機会もなく
ありがたきオンライン社会で、僕らは何を得て何を失っているのだろう。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4108-d96ac03a

<< topページへこのページの先頭へ >>