FC2ブログ

オンライン読書会をしよう

2021-01-31
附属図書館創発企画
集まれないならオンラインがあるさ
来月中旬試験明けからはじまる

附属図書館副館長として、学生らの「創発」活動の展開を導く役割がある。「主体的な活動」とはいうものの、現在は特に「お膳立て」が大事な時代と思う。僕自身が学生時代には、特に文学が盛んな学風ということもあったが、至る所で議論をしているような光景があった。語ることで不安やストレスを解消し、語ることで自らの存在価値を確かめていたのだろう。未読の書物の話題にも刺激を受けて、読書の範囲がさらに広まる効用もあった。「読書」というのは「読む」行為のみでは決して高まらず、やはり「読む」のちに「話す 聞く」活動があってこそ生きたものになるものだ。

新型コロナの感染状況が改善されない中で、手をこまねいているよりも「オンライン」を存分に活用すべきと思うようになった。「コロナ以前」になぜもっと「オンライン」を使用しなかったのか、とさえ思う。距離を超えて場所の制約もなく、自宅でリラックスな状態で何事にも参加できるのがよい。こうした利点を活かすべく、附属図書館発の「読書会」をオンラインで開催することにした。幸い数人の学生有志が参加したいと希望があり、また外国文学を専門とする同僚が深い興味を示してくれた。「読書」をするということは、決して「過去を読む」ことではない。今現在、我々が置かれた状況を当事者意識をもって「読み」「話し」「聞き」「書く」かということなのである。

書物の中に「我」を見つける
思索の杜に学生を誘うために
附属図書館に「読書の泉」を創りたい。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/4073-df97f9c0

<< topページへこのページの先頭へ >>