fc2ブログ

あれはドラマだからねーフィクションの受け止め方

2020-09-30
「あれはドラマだからできることだ」
よく学園ドラマを観ていた時に聞いた
フィクションを受け止める心の有り様

文学作品をどれほど読んでいるかと同じように、映画・ドラマを観ることから学べることも少なくない。小学生から中学生の頃に学校を舞台とした所謂「学園ドラマ」を観ていたことは、少なからず「教師」という職業を志望したことに影響を与えたように思う。ほぼ「授業」の場面がない青春学園ドラマは、高校生と型破り教師の心温まる交流の連続であった。「規則規律に縛られ我慢するだけが学校ではない」そんなメッセージを型破り教師は、いつも体現しているのが青春ドラマであった。また著名な「3年B組金八先生」は同世代同時代性を存分に感じたせいもあったが、「15歳の出産」「校内暴力」など社会問題に正面から向き合った内容で心に響いたものであった。

実際に「教師」になると学校現場で中にはドラマのように振る舞う同僚がいて、「それは違うのではないか」と思ったことも少なくない。要は「フィクション(虚構)」の受け止め方が、人によって差異があることに気づいたのであった。逆に前提から「あれはドラマだからね」と視聴をしているのかどうかわからないが、否定的に捉える同僚もいた。もちろん文学も映画もドラマも、自らの主体性で選ぶ必要性もある。だが、何より肝要なのは「現実以上の真実」であることを、どのように受け止めて自らの生きる糧にするかという精神作用にあるように思う。などと考えると、なかなか「大学教授」は映画・ドラマの主人公にはならないようだ。この度の「半沢直樹」の反響などを見ていると、やはり「現実モデル」との間で錯綜があるようなWeb記事を目にする。信念を執拗なまでに貫く「半沢直樹」で演じられたものを、僕らはどのように受け止めてこの国で生きたらよいのか?映画・ドラマの質の高さが「民度」に直結するようにも思うのだが。

生きるための矜持
カタルシスの浄化作用
この国は何を求めていけばよいのだろうか?


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3950-d4dcae9c

<< topページへこのページの先頭へ >>