FC2ブログ

南に山を望み東に樹木のある

2019-09-14
山を見れば今日の悔いなど小さく
樹木を見れば明日へ向かい伸びゆく
生活圏の景色のことなど

1日の生活の中で、どれほどに自然に接しているだろうか?いま「接している」と書いたが、単に見ているだけでも「風」を通して触れているわけである。寝床に雨音を聞き降り具合を想像し、朝起きれば暁の空を見上げて雨雲の厚みを胸算用する。窓を開ければ草の香り高い風が舞い込み、鳥たちは既に存分に歌っている。家の前の路地で耳をすませば、遠く潮騒が聞こえる。自然あれば、身近に虫たちが平然と現れる。宮崎に来てから掌大の脚高蜘蛛や小さな算盤状の百足など、やや巨大な虫たちにも接する機会があった。もちろん玄関扉に家守は張り付き、時に越境して部屋の天井付近で僕を嘲笑った。

自然な空気の中で生きている、東京では決して得られなかった感覚。日常生活の中に潤いが生まれる。家から見える風景もまた大切で、南に山を望み東に樹木のある暮らし。東京のマンションの個室は甚だ密閉性が高く、前述したような虫1匹も生存しない。造られた清潔無垢な空間では、人もまた息苦しくなるのだ。長年、東京で会社を営み昨年引退をした両親が、宮崎に住みたいと強く希望した。小欄に書いている感覚である僕は、その気持ちが痛いほどわかった。東京での人間関係は希薄で、日常の食品も新鮮さが劣る。地方から見れば華々しさだけが目立つが、荒々しき砂漠であると喩えようか。両親の心身が乾かぬうちに、宮崎の潤う空気の中で生活をする日々へと大きな舵を切った。

階段端にカマキリが
そういえば9月13日は母方の祖父の命日
自然と親和的に生きる日々を大切に。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3568-08fc7774

<< topページへこのページの先頭へ >>