FC2ブログ

温泉マナーあれこれ

2019-03-13
浴場入口の扉は閉める
浴槽には身体を洗ってからタオル類は中に入れない
上がる際は脱衣所を濡らさぬようによく身体を拭いてから

日常的に温泉に行く機会が多いが、入浴マナーが気になってしまうことがある。公共温泉であれば多くの客が地元の方なので、ほとんど気になることはない。宮崎の方々は特に人に優しく親和的である。その公共が休館の日には宿泊施設に併設された温泉に行くのだが、そこで観光客と思しき方々のマナーには「?」がつくことが多い。冒頭に記した「基本マナー」さえもほとんど守らない輩が、しかも大量に入っていたりすると全く辟易してしまう。扉は温泉場に限らず「開けたら閉める」が原則だろうが、それさえもできない輩がいて情けない気持ちになる。

昨今は外国人観光客も目立つが、何も外国人だからマナーが悪いと偏見視してはなるまい。むしろ、日本人でも基本マナーをまったく学んでない輩がいる事実を直視すべきだろう。「温泉」は一つの「文化」であるように思う。まさに「裸の付き合い」として、親和的な空間として利用する。基本マナーはもちろんであるが、見ず知らずの人でもその場限りでも親しく会話する、そんな人間同士の親和性を重んじたい。とりわけ集団でやって来て、その集団内の言動を周囲を顧みずに顕にしているのは困る。此処はどのような人がどのような気持ちで寛いでいる場所か?そんな意識がせめて欲しいものである。

温泉は社会の縮図かもしれない
人が人としてどのような言動をとるか
「文化」が失われることに危機感を覚える事さえある。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3392-ce272bcd

<< topページへこのページの先頭へ >>