FC2ブログ

ファンとしての節目もあるか

2018-10-18
区切りの5年振り返る10年
こころの余裕が潤いになる
仕事や専門ではない頭の使い方も

10月というのは単に「秋」というのみならず、野球ファンにとってはたまらない季節である。凡そ15年前からMLBのBoston RedSoxのファンとなったが、チームがこの時期の所謂”ポストシーズン”に進出しているか否かで、10月の気分や楽しみ方は大きく変わる。今季のRedSoxは年間108勝という圧倒的な強さで地区優勝を果たし、ポストシーズンとなってからも地区シリーズで最大のライバルであるYankeesを圧倒した勝ち方で一蹴した。これまで04・07・13年にはワールドシリーズを制覇しているゆえ、周期的にはそろそろ狙える年回りではないかと思っている。「ファン」というのは面白いもので、贔屓チームが優勝した年には何らかの節目が来るようである。いやそう思い込んで「ファン」をやっているという方が正しいのだろうか。

04年は博士後期課程に所属しつつも、「論文スランプ」に陥っていた状況から再起した年。07年は恩師の急逝という予想もしない落ち込みから、再起を賭けて学位取得へ起ち上がった年。13年は苦しい非常勤生活から、大学専任としてスタートを切った年。もし今年RedSoxがMLB制覇するとしたら、あらためて「再起」する何かがある年である。ちょうど大学専任として宮崎に赴任して5年間が過ぎた。年齢もそうであるが「5」単位で何らかの変化があるとよく云う。現に大学内での立場は今年から大きく変化し、新たな視点から宮崎大学を見据える日々となった。「地方国立大学はいかに生きるか?」「教員養成系学部の未来はいかに?」「高齢化社会に向けてこの国ではどう生きたらよいか?」そんな渦中で「われはいかに生きるか?」を問い返すのである。

渡米し現地で応援した日々が懐かしい
野球の試合はいつどうなるかわからないが、
人生の1イニングもまた気を引き締めて1球を大切に歩むのである。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3266-2260e517

<< topページへこのページの先頭へ >>