FC2ブログ

短歌で時間も遡る

2018-10-16
若い時にしか詠めないこと
仕事に就いて初めて詠めること
「いま」をどう捉えて詠むか・・・

後期初めての宮崎大学短歌会月例歌会を開催。新たなメンバーを加え、また仕事に就いている卒業生も含めて楽しい会になった。会員の大学生が相互に歌を語り合い学ぶことはもちろんであるが、僕自身としては「若いこころ」が知られる機会として誠に貴重である。この日は自由題であるゆえ様々な歌が詠草に並んだが、恋愛に関するこころの機微を詠んだ歌などからは、自らの学生時代の「恋心」などを思い返してしまった。同時に当時から歌を詠んでいたら、どんなにか人生の機微をことばにできていただろうかと、遥か学生時代まで時間を巻き戻したい気持ちにもなった。

だが時間は元には戻らない、人は決して遡ることができない川の流れの上で生きているのだ。昨日の小欄で記事にした「文化公演」にて、伊藤一彦先生がこんなことを仰っていた。「若い頃のことでも『思い出』というのは『いま』のものだから、歌に詠めるのである。」と云うのである。歌とは「いまここ」の自分の「こころ」を、「ことば」で記すものなのである。「いま」でも「こころ」に大切にしまってあるもの、それはむしろ貴重な「モチーフ」であり「素材」である。などと考えると、学生短歌会歌会に参加するときぐらいは、「学生の年齢の立場」になって歌を詠むのもいいかもしれない、などとこの日の歌会中に一人で得心した次第である。

短歌を詠めば「あの頃」にも帰れる
古い本に挟まった栞のページを開くように
「いまここ」にいるのはすべての「過去」の蓄積の上にあるゆえ。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3264-b471b0ff

<< topページへこのページの先頭へ >>