FC2ブログ

「時代」は川の流れのように

2018-10-12
時代は何で始まり何で終わるのか?
区切られると同時に常に流れゆくもの
「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」

後期が始まって2回目の講義、初回は「授業ガイダンス」のような内容で講義の要点と問題意識の提示に終わった。今週から本格的な内容に入るのだが、特に「国文学史Ⅲ」を展開するにあたり一つの考え方を提示したくなった。「時代」とは何によって区切られるのか?ということである。今年は何かにつけて、「平成最後の」と語られることも多い。僕にとっては人生2度目の改元、学生にとっては初めての経験となる。少なくとも「昭和生まれ」の人々にとっては、3つの元号を跨いで人生を歩むことになる。僕自身の祖母などが「明治・大正・昭和」を跨いだ人生だったのだと子どもの頃に感じた際には、誠に歴史の上を生きているようだというある種の感慨を持った。今後は多くの昭和生まれの人々もまた、歴史を跨いで生きることになる。

だが果たして、改元によって何が変わるのだろうか?歴史はいつも川の流れのようであり、「いまここ」にあるものが絶えず継続して流れて行くのが必然である。国文学史を「中世」から講ずる際にも、やはり平安朝の和歌の流れを忘れることはできない。先日の和歌文学会大会の講演で『平家物語』と『新古今和歌集』を並立したものとして捉える視点(小欄2018年10月7日付記事参照)に、あらためて啓発された。「中世的無常観」の上に成り立つ『平家物語』の文体・表現は、和歌的(語り的)要素と文字表現(読み本系)の要素が相互扶助する形で、作品として成長したと云う。いわば「平安朝和歌」という大河の流れは、止まることなく中世以降も流れているのである。社会体制が変わって断絶するものもあるが、決して途切れることなく継続する力がある。日本文学史を通底して観ようとするとき、決して忘れられないのが「歌」の潮流ということである。

1300年の流れの上に身を置く
「いまここ」を見定めるためにも
「時代」を生きる意識を持つべき節目がやって来ているのだろうか・・・


関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3260-59421019

<< topページへこのページの先頭へ >>