FC2ブログ

古典の授業づくり再考

2018-06-30
中学校の古典教材授業
「現代の私たちの姿」で紹介する伝え合う活動
自らが主体的にどんな立ち位置であるかを対話的に捕捉すること

本学附属中学校にて公開授業研究会が開催された。日頃から共同研究を行なっている国語科の先生方が授業を公開し、その後に教科ごとの分科会にて事後検討会を実施する内容である。例年、僕自身は最後の「指導助言」にて全体の講評をさせていただいており、小欄に差し障りのない範囲でその覚書を記しておきたい。本年度は中学校2年生の古典教材『徒然草』における授業公開であった。抑も「古典」の授業とはどうあるべきなのだろうか?授業者の先生が反省を述べた際に開口一番、「古典の授業をご覧になりたかった先生方も多い中で、このような(生徒たちのプレゼン形式の)授業で申し訳ありません。」と語った。この弁がまさに、現況までの「古典教育」の典型的な悪弊ではないかと思われる。「古語の意味や文法知識をもって現代語訳をする」という教師自身の「古典」に対する授業の経験則が、「古典」授業のあり方を頑なに制約しているのではないかと思われる。「古典」読解を基礎に据えた「プレゼン」は、「外国人に日本文化の特徴を伝える」ことや、「文学を生きることにどう活用するか」という命題を具体的に叶える課題解決学習であろう。

本公開研究会のテーマでもある新指導要領で示された「主体的・対話的」とはどういうことか?学習者のみならず指導者も、教材そのものにも「主体的」な発動が求められ、相互に対話的な関係性を結ぶことでしか、そこに協働する者の「主体」は見えてこない。「自らの考え方の傾向」「教材との関係性」「指導者のよみと学習者個々のよみの相互の位置関係」などを相対的に捉えて、「自分自身」そのものを「もう一人の他者(自分)」として見つめる視点を持つ必要がある。本公開授業における古典を題材とした「プレゼン」」には、こうした「主体は対話関係なくして立ち上がらない」ことの課題を如実に語り出してくれた。プレゼンそのものに対して「5つの観点」から相互批判する活動は、英国の「リテラチャー・サークル」の活動にも類似する。「具体的に細かな指摘」をするためには、個々の学習者が精密に教材を読み込んでいる必要がある。またタブレット撮影した動画を自らも視聴し、その「自分」を他者視点から批評できるか否かが、大変重要な問題であろう。まさに「自分自身で修正できる力」こそが、今後の国語力としていかに重要であるかということである。

修正点を「3か条」に示し具体的なプレゼン改善へ向けて
「現代語訳」を活用して古典を学び理解のみならず表現すること
客観的な自己相対化の中にこそ、初めて「古典」が立ち上がるものである。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3156-7110e7d8

<< topページへこのページの先頭へ >>