FC2ブログ

美味しい空気・時節の野菜

2018-06-14
自宅の庭でも大学キャンパスでも
そしていつもあるわけではない野菜の種類
思わず深呼吸と新鮮朝穫れゴールドラッシュ

東京へと帰った母とやりとりをしていると、宮崎は食がよかったと繰り返し口にする。その食事のお陰で体力もついたみたいだと、電話の声も元気である。確かに宮崎に移り住んでから、東京で本当に美味しいものに出会うことは少ない。もちろん食材を吟味して提供する馴染みのお店ならば、聊か話は別であるのだが。あくまで東京は経済的物流の中にある都市で、人が時節を感じて生きるような感性おいては不向きな場所である。よく「都会でないと生きられない」といった趣旨のことを口にする向きもあるが、「東京砂漠」などと演歌で揶揄的に表現された無味乾燥な土地は、生活上の幸福とはどういうことかと考えさせられることも多い。

宮崎に住んでいると、無条件に空気が美味しい。大学の研究棟から外に出た時も、自宅の庭に続く窓を開けた時も、東京から帰ってきて空港に降り立った時も、まずは深呼吸をしたくなるほどのよい香りの空気がある。近くにある山川や多くの草木に囲まれていることは、動物たる人間にも好影響を与えないわけはない。また懇意にする産直市場に野菜を買いに行くと、その時節に即したものしか置いていない。昨日も朝穫れの「ゴールドラッシュ」に出会って、思わずその実の引き締まった具合に惹きつけられた。とうもろこしがこの時節に旬であることなど、冷凍コーンを食している身にはまず思いも寄らないであろう。

気もよし水もよし
野菜よし果物よし
生きる上での幸福とは何かと考えてしまう。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3140-d3f8a420

<< topページへこのページの先頭へ >>