fc2ブログ

異分野交流

2010-07-31
30日(金)午後から出版社で編集の打ち合わせ。自らの原稿の書き方と、出版の方針を摺り合わせる。書物にはそれなりの方向性や制約があり、やや尊大に構えてしまう書き方をしていた小生の原稿に、見直す部分があることに気付かされた。何事も勉強、こうしたことを繰り返して、それぞれの分野での仕事を覚えていくことになる。現場で経験してきたことを活かし、斬新なものを考案してきた意欲は必要であったが、各分野の流れに合わせることは、不可欠な態度であるだろう。

 夕刻から、大学院時代の異分野専攻の先生と受講生で企画した飲み会へ。当時、授業の後によく通っていた、おでん屋を会場とした。冷房も効かないような店内では、カウンターの隅で、おでんが煮込まれている。猛暑のなかであるが、懐かしさと妙な安心感が、我々の飲み会に、よい雰囲気を付加してくれた。もちろん、料理は絶品。おでんは勿論だが、この日は「鮎の塩焼き」が最高に美味しかった。

 先生を含めて集まるはずだったのは4人。しかし、1人は忙しくて来られなくなったという。途中で電話が入り、今後の健闘を誓い合った。それにしても3人は、いずれも異分野の専攻である。この集まりはこの点に大きな意味があるのだ。大学院の授業の時からそうだが、常に新しい視点を提供してくれる。先生の専攻分野での業績は非常に偉大なものであるが、そんなことを鼻にも掛けず、淡々と我々と同じ視線で語ってくれる。

 そんな中で、話題になったのが、どの分野に於いても日本社会の危機的な状況である。確かに様々な分野で、パラダイム転換は起きているようだ。ただ、直面する社会状況は決して安心できるものではなく、状況が見えずに現場対応している分野の人々も、かなり存在するという。問題意識の希薄さ、仕事・社会への意識の低さ、などは、今後必ず大きな反動が来るに違いないという結論になった。

 また新たな視点を得ることができた。

 専門分野でないからこそ、意味のある発想を得られる

 異分野交流

 学問もこの横の関係を強化していかなければ、今後上質なものは産まれないと悟る
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/309-0505db93

<< topページへこのページの先頭へ >>