FC2ブログ

暗闇があまりにも暗いとき

2018-04-06
「暗闇が深い時こそ、星が輝いて見える」
(キング牧師の演説から)
「私には夢がある」だが今は何なのだろうか?

あまりにも暗澹たるニュースばかりで、思わず涙ぐんでしまった。政治家は隠蔽体質の責任を官僚に押し付け、知らぬ存ぜぬ確認します。尊い命への応急処置に際し、確固たる「伝統」とも思えぬ旧弊を振り翳し慈愛の心を踏み躙る。102歳で原発による避難を強いられ転居を断り自死したという男性に対する電力会社との訴訟で、男性側が勝訴したというが尊い命は戻らず。そして極めて低俗的にも、プロ野球の応援席で広島カープに対して相手方の球団を応援する側から「原爆落ちろ」の野次的なコールが。もうこの日本社会は、僕たちが気づかないうちにその腐敗度合を、深刻な危険水域まで深めてしまったようなことばかりである。

米国ではキング牧師没後50年、1968年4月4日牧師はやはり銃弾に倒れた。「私には夢がある」多くの英語教科書にも掲載された有名な演説。日本語に訳すのも憚られるほどの、訴える力を持った演説の映像・音声である。だがその「Dream」が今や横暴な為政者の出現で、時代を逆行してしまっており米国社会の分断はやはり深刻な影を落とし始めている。横暴さは限度を知らず「教師が銃を持て」と銃規制どころか、暗闇を招く発言を平然としてしまう。だが全米各地で高校生を始めとする若者が立ち上がってデモで訴える姿は、聊か救われた気持ちになる。キング牧師のお孫さんも切実なる演説で祖父の言葉を引用しながら訴えた。そう、やはり希望は捨ててはいけないのだ。横暴を許すのは、僕たち一人一人であるとあらためて自覚すべきかもしれない。

闇を見よ星は輝く
己がどこまで闇の中にいるかを日本人は特に自覚しない
天が崩れ落ちて来ることはたぶんないのである。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3071-41208323

<< topページへこのページの先頭へ >>