FC2ブログ

「地方発ヒット」に学ぶ

2018-03-28
『逆算発想のものづくり』(2018年3月 日経BP社刊)
そのエキスを宮崎で頑張っている人たちにも
また新たな人の輪が拡がる

朝8時半に宮崎市内を発ち一路北上し、都農ワイナリーに向かった。昨秋の和歌文学会大会に一つ返事で協賛いただいた社長さんにぜひ直接に御礼が言いたいという気持ちも大きかった。「南限のワイナリー」として「すべてはマイナスから出発」したという趣旨のお話も聞けて、様々な苦労の上にこの美味しさが産み出されていることをあらためて知った。もともとワインは好きでほとんどが海外産を嗜んでいたが、宮崎に来て都農を知ってから積極的に地元産を愛飲するようになった。スパークリングも含めてその味は、上品で香り高い逸品なのである。工場見学を含めてあれこれとお話いただいき帰りには、『闘う葡萄酒 都農ワイナリー伝説』(上野敏彦著 平凡社)をいただいた。

その後は友だちの「ひむかBiz」センター長らと合流し、まずは美々津港へ向かう。牧水が7・8歳の頃、母に連れられて初めて見た海がこの美々津の海であった。神武天皇お船出の地としても有名であり、過去には川を使った材木運搬が盛んで廻船業で賑わった港町である。街並保護地区に指定されている古民家の立ち並ぶ景観はなかなか風情がある。何軒かの古民家を見学させていただいたが、築160年ほどに及ぶものもあって驚きである。リフォームを加えて古民家民泊にしようとする計画があるのも興味深い。ぜひゼミや短歌会の合宿で使用したらという話にもなった。その後は東郷町道の駅で「牧水そば」を食して後、「あくがれ蒸溜所」へ。牧水の短歌にちなんだ焼酎について、今後の販売方法など様々な話題について蔵の方々と談義できた。さらには牧水記念館へ向かい、ただいま開催中の「牧水母校展」も拝見。最後に日向市内の「ひむかBiz」事務所に立ち寄り、その後は宮崎空港へ友だちを見送った。

「宮崎発」の持つ大きな可能性
そして既にこの地で頑張っている生産者の方々の勇姿
そこに牧水や短歌の色付けを十分に施していきたいと、あらためて宮崎愛が増した2日間。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3062-2148c17b

<< topページへこのページの先頭へ >>