FC2ブログ

すぎかきすらのはっぱふみふみー芸術家派遣事業にて

2018-02-09
今日は朗読家
小学校1年生の子どもたちと声の交流
宇宙語「みじかびのきゃぷりきとればすぎちょびれ・・・」

昨年もこの時期に訪問した日向市の小学校を、今年も訪れた。これまで4年間にわたり関わってきた、芸術家派遣事業のワークショップを実践するためである。昨年の実践内容については、つい先日依頼いただいた「国語教育」の実践雑誌の原稿に記し4月号として出版・公開されることになる。昨年と今年で共通する考え方は、「文字を使わない音読・朗読」である。「文字」を読むとどうしても内実の伴わない空虚な「読み方」になってしまい、相手に伝わる「生きた声」にはなりにくい。正確に「文字」を読む学びも大切ではあるが、目的を個々に定めた音読活動をというのは、僕の前著からの主張でもある。今回のワークショップはまず、数の数え方から。1から10までを声と動作で数える。次に10から1まで逆に数える。すると一つだけ「読み方」の違う数字がある。お考えいただけばすぐにお判りと思うが、数字にはふた通りの読み方があることが自覚できる。次は短歌?「一二三四五六七八九十十一十二十三十四」を拍手をつけながら音読し、基本的な短歌の持つ「拍」を体感するようにする。

その後は「宇宙語」と称して冒頭に記した大橋巨泉の歌を、やはり声と動作で表現していく。どうやら結句の「はっぱふみふみ」が、子どもたちは大のお気に入りのようだ。さらには「宇宙という自然から日向に舞い降りたと称し「牧水先生」を紹介する。「今日もまた・・・」「白鳥は・・・」の二首について、どんな動作になるかと声と動きをつけて子どもたちが表現していく。「白鳥」の歌で「哀しからずや」の一節などは、泣く仕草をしながら級友たちと抱き合う者なども現れて、下句の孤独感はむしろ他者との関わりによってもたらされ強調されていることなどを考えさせられた。こうして1年生には難しいと思われる牧水の代表歌であるが、場面のイメージを「声」で韻律に載せて、意味は思うがままに「動作」で表すことで十分に「体感」できるものである。一昨日の牧水賞授賞式の席上でも繰り返し語られたが、短歌は「韻律」なのである。最後に昨年から実践している「うちの子は甘えん坊でぐうたらで・・・」(俵万智さん『かぜのてのひら』所収歌)をグループで寸劇にするワークを実践して楽しい50分間を過ごすことができた。

授業後に全員とハイタッチ
さらに校長室で「音読談義」
日向で名物「ヘベス餃子」を購入し、午後の会議に備えて大学へと帰った。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/3016-287acd91

<< topページへこのページの先頭へ >>