fc2ブログ

熱い夏の到来!

2010-07-19
18日(日)「暑い」と書けば、「避暑」という言葉もあるように、イメージとしてマイナスな要素がある。しかし、「熱い」と書けば、「情熱」という言葉があるように、プラスに物事を捉えることができる。この日は、もちろん体感的にも実際の気温としても「暑い」のは確かであったが、その風は心地よく、「熱い」夏の到来を感じさせた。

 梅雨明けをした東京の空の彼方には、夏の富士山がやや黒みがかった姿を朧気に見せている。紫外線が強いものの、木陰にいると風に涼を感じるという、夏らしい気候になった。この日は、朝から外で過ごしていたが、「暑さ」で苦しいというよりも、「涼感」を求める趣を求めて、時間が過ぎ去って行ったように思う。

 夕刻に帰宅して泳ぎたくなったのでジムへ。日頃からプールに入ることは少ないので、持参した水着一式の中に、帽子がない。これではジムのポールには入れない。仕方なく腹筋を絞り、その後、サウナで汗を流す。

 野菜サラダの材料を買い込み、保存しておいた冷凍カレーを夕食とした。やはりなぜだか「夏はカレー」である。その辛みが気候に合うのだ。

 夕食後はお楽しみの「龍馬伝」。この日から第3部に突入。龍馬は長崎へと行った。その眼光の「熱き」ことよ!ここまでの様々な葛藤が龍馬の心に火を付けて、「幕府に頼らない日本」を創り出そうとする。長州藩士と薩摩藩士が遭遇して一触即発の状況の中でも「日本の中で喧嘩をしている場合かぜよ!」と鋭い眼差しで一喝。歴史上の坂本龍馬へと変貌した福山雅治の演技も「熱い」!!!

 「熱い」炎が心に火を付ける。

 スイッチは入った!

 「熱く」自己のできる能力を最大限に発揮して

 偶有性の海の中へと船出する夏が来た!
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/297-19056d36

<< topページへこのページの先頭へ >>