fc2ブログ

やるだけやる!

2010-07-17

16日(金)土曜日に大学の講義受講生を主体にした発表会が企画されている。これで3年目となるが、毎年のように様々なパフォーマンスが展開されてきた。教育の場に朗読を導入するという趣旨から、大学生自らが朗読作品の発表を行う会である。文学作品を「声」で表現するということは、単純なようで奥深い。今年もどのような妙技が披露されるか
大変楽しみな1日となる。

 その最終リハーサルが、この日の夜行われた。前週よりも、格段に進歩した大学生たちの朗読が展開されて、自己のしてきたことの尊さが報われる。何事もどれだけの熱意を持って物事に取り組むかが肝要だ。その熱意が通じる対象が持てるということだけでも、大変ありがたい話だということを実感する。

 そして小生自らも、いくつかのパフォーマンスに参加する。ただ大学生に行わせるのではなく、自身で体験することで人が付いてくるという場合が多い。特に今回は、「詩吟」という新機軸に挑戦するという企画が、与えられていた。

 正直なところ、今週の前半までは、全く自信が持てなかった。譜面があるわけでもなく、ただ音源一つで、その調子を真似て声高らかに朗誦しなければならない。朗読にはある程度の心得があるが、「詩吟」となるとまた全然違った「声」の表現ということになる。

 小生の詩吟に合わせて、剣舞を行う大学生がいる。幼少時から習得してきたというので、かなりの腕前だ。その剣舞を崩さないように、きちんと朗誦できるのかどうか?かなり弱気な心が、自身の心の中を渦巻いた。

 しかし、毎夜、携帯のボイスメモに記録した音源を聴くことで、何とか調子が掴めてきた。この日の最終リハーサルでは、周囲を唸らせるような朗誦を何とか披露することができた。この達成感たるや、やはり人に何かを課しているだけではわからない、清い実感が伴った。

 やるだけやる!意気地のない人生なんて!

 何事もそう決めている。

 苦しい中に身を置き、そこから這い上がることで自身の力が増す。

 小さなパフォーマンスから、また生きる力をもらった!
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/295-a59c2f56

<< topページへこのページの先頭へ >>