FC2ブログ

教育実習どうでしょう?

2017-11-23
教員養成の中心的学び
教育実習どうでしょう?
九州地区の情報交換会にて

九州地区の教育実習に関する情報交換会に出席するため、鹿児島まで赴いた。隣県の中でも一番行きやすい感覚がある鹿児島までの道のり、この日は生憎の雨に見舞われた。筆者はいま「一番行きやすい」とは書いたが、鹿児島まで行っていつも痛感させられるのは新幹線が通っていること。北上し熊本・福岡・佐賀あたりからは時間的にも大変近いことが、参加者である先生方の口調から伝わってくる。情報交換会の終了時刻20:00を鑑みても、この三県いや山陽や関西圏あたりまでなら日帰り圏内である。「行きやすい」ながらも当初から一泊を決め込んでの参加となった。なぜこうした交通事情のことを記したかといえば、そこに各県の大学の特徴も出ていると感じられるからだ。本県みやざきであれば、この背骨たる交通幹線の埒外にあることを、どれだけ有効に活かせるかが重要ではないかと常々思うのである。

さて、情報交換の内容を小欄に記すのは控えるが、自明のことながら「教育実習」こそが「教員養成」の中心的な学びであることは動かし難い事実である。いつの時代も「教育改革」の重要性が説かれながら、政治のでも数々の提言・施策がなされながら、「教育実習」そのものが伸び伸びとした有効な学びの場になっているかといえば、全肯定はできない事情が数多く見られる。それを教員養成学部の現場にいる大学教員や附属学校教員があれこれと努力を重ねて、自分たちの「後輩」を育てるために尽力しているのが現状である。特に「附属」の先生方というのは、向き合う生徒・児童とその保護者のみならず、附属たる大学の実習生の対応もあるのだ。想像するにそれは「忙しさ」の上に「忙しさ」を重ねたような仕事環境にあると言えよう。昨今の現職教員の労働時間の問題視などを考えても、根本的に本気でこの国の教育をよくしたいなら、「改革」の基本理念こそを変革すべきだと痛感するのである。さてそこで、みやざきでできることは何であろうか?穏やかに時間が流れる、みやざきでできることとは・・・

鹿児島中央駅をあとにして
静かなカフェへ
桜島もこの2日は穏やかでありがとう。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2938-98cf94b8

<< topページへこのページの先頭へ >>