fc2ブログ

あくなき表現活動を求めて

2017-11-11
社会・組織に絡めとられ
本来の「表現活動」を失ってしまう
「本気」の「本気」とは・・・・・

ある方とメッセージをやりとりしていて、そのあくなき表現活動への追究姿勢に心を揺さぶられた。自らも短歌・評論・論文、また朗読・落語などの表現活動をしてはいるが、個々の対象にそれほど妥協なき姿勢を貫いているか思うと、やや恥ずかしくなってしまった。「真摯に向き合う」と言葉では簡単にいえるが、「本気」とはこういうことではないかと大変触発された思いである。自由ではあるが何ら保証のない道を歩み、頼れるのは自らの「表現活動」のみ。まさに「プロの矜持」ということになろうが、組織に属した人間というのは本来「プロ」であるはずなのにこの「矜持」を持たない人々が圧倒的に多いように思われる。往々にして組織に絡め取られるか、依存し尽くして、いずれにしても自らを失う輩が多いのではないだろうか。

僕が初任校に勤務した時、高校スポーツの頂点に何度も導いた指導者がいらして、常々口にしていたことがあった。「本気になれば全国制覇はできる」である。若輩であった僕は、何度も既に実績があるからいえる言葉だと思いながらも、どこかでその「本気」という点が心に強く響いた記憶がある。初任校は私立学校で十数年在籍させてもらったが、その間に関わった生徒たちの中にはプロスポーツ界の門を叩く者も少なくなかった。その活躍と挫折を目の当たりにすると、自らは「教師」として「国語」を教える「プロ」として本気かどうか?という疑問が拭えなくなった。考えてみれば、その時に「本気」になったゆえに、いま僕は大学教員として自らの生きる道を歩んでいることになる。だから採用試験を目指す学生たちにもこう言う、「本気で教師になる気があるか?」と。

どうやらまた「本気」になる時が来たようだ
ありがたき先輩が身近で本気以上の表現活動をされている
偶然なるも与えられた環境を自らの前向きさにどう活かすかである。


関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2926-7237e286

<< topページへこのページの先頭へ >>