急な夏日に春はいづこへ

2017-04-10
南国ながらなかなか来なかった春
桜の満開とともに夏日にまで至る
衣服と寝具の整備に明け暮れて・・・

晴天の日曜日、宮崎でもようやく桜が満開になったと気象台が発表した。まさに「お花見日和」ではあるが、「夏日」はやり過ぎな気がする。一昨日ぐらいまでは、半袖はおろか春の装いどころではない気温で、冬物を仕舞い込めないでいた。この急激な気温上昇にあたり、衣類や寝具を一気に入れ替える必要性を感じたのでほぼ一日中、洗濯と更衣に時間を費やした。毛布類などは洗濯機で回しても水量が多くなるので、自ずと多くの時間を要する。ただ最近の材質は、乾きやすさだけは優れているので助かる。その他の寝具は、爽やかな色に替えて安眠が確保に配慮する。

「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」(古今集巻2春・87)は、著名な紀友則の歌である。「桜の花を散るをよめる」と詞書にあるが、「光がのどかな春の日に、どうしてあわただしく桜の花は今頃散っているのだろう」という解釈で、「のどかさ」と「あわただしさ」が対照的に共存する春の気分を詠んだ名歌である。古歌にはこうして「桜の花が散る」ことを詠むものが大半で、そこに春の時間意識が普遍的に存在することを考えさせられる。ちょうど一週間前は、待ちきれなくて名所まで花見に訪れたが、ほとんど咲いていない蕾を見てきた。満開となれば、「しづ心なく」家事に明け暮れるという、何とも無愛想な今年の春の表情である。

前期授業も開始
春に新たな足音が聞こえる
粘り強く日々を大切にし心穏やかに生きたい
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2711-afb34eef

<< topページへこのページの先頭へ >>