人生で種を蒔く時期

2017-03-19
無条件に笑い合える友だち
そして思春期の成長を見守ってくれた恩師
その時期に蒔かれた種から芽が出て花が咲く

中学校時代の担任の先生を囲み、大変親しかった友だちたちとささやかな同窓会を開いた。長年、年賀状のやり取りだけで連絡だけは保たれていたが、ことしはぜひ「同窓会」を実現しようと自ら音頭をとった。教育関係を研究し教員養成に携わる身として、自らの「中学校時代」が如何なるものであったかという問題意識を、相対化する必要性も感じたゆえでもある。だが、実際に会ってみると、そんな堅苦しい意識は遠方に去ってしまい、ただただ楽しい時間が穏やかに流れた。話す口調は当時のものに戻り、友だちの笑顔は昔のままであった。現在の職業や生活環境を超えて、ただただ会って楽しい仲間と恩師。それこそが「中学校時代」なのではないかとあらためて思った。恩師は「あの頃」を「牧歌的だった」と振り返った。

食事をする前に、今は無くなってしまった当時の校舎が建つ敷地を散策した。今や附属の大学が「新凱旋門」にも似た、シンボル的な校舎を建築した場所となってしまっていた。あのあたりが中1で入学した時の教室、あそこが校庭、体育館はこちらにあった、などと語り合いながら、ある角度から表通りを見ると、変わらないあの日の街の表情が蘇る。ともかくあの頃は学校へ行くのが無条件で楽しかった。朝早くから登校し、校庭で野球やアメフトをして遊ぶのが常だった。一泊旅行や修学旅行では、今回会った友だちといつも部屋割りで同室になった。深夜に及ぶか徹夜も辞さないで語り合った時間。そしてまた「文学」を深く愛した恩師の様々な言動が、僕らに発芽すべき種を蒔いていたのだと、あらためて確認できた。ふたたび「教員養成」という観点から聊か述べるならば、「教師は生き方を見せる」べきではないかと恩師と僕自身の関係から痛感した。

また元気でこの地で会おう
今回来られなかった北海道の親友とともに
かけがえのない恩師と友だちと永遠なれ
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2688-d43d80ab

<< topページへこのページの先頭へ >>