短歌県みやざきの教員養成

2017-01-11
昨年12月27日付小欄記事に「短歌県みやざきと読解力」を記した。前日26日付宮崎日日新聞コラム「海のあお通信」で俵万智さんが、「短歌県みやざき」を目指してはいかがと提案したのを受けてのことだ。それを実現するためにも今年は一歩一歩の努力が必要であると、僕も決意を固めている。そこで「短歌県」の大学における教員養成には短歌創作が不可欠と考え、この日は初ゼミにおいて新年当座歌会を実施した。題詠は「あう(会う・合う・逢う・遭う)」ここにその詠草を記録の意味も含めて、無記名で掲載しておく。冬季休暇中の話題や新年の決意、家族詠から相聞まで多彩な作品が提出された(創作時間は20分)。それは自ずとゼミ生たちの「いま」をお互いに知るに余りある、豊かな対話的ことばの交流機会となった。
以下作品。


振袖に色づけられた二年前また集まろう社会人として

おおみそかゆっくり沈むお日さまとまだ見ぬ自分にあす会う約束

いつのまにお兄さんではなくなった箱根を走る駅伝大会

卒論と睡魔は少し分が悪い黒き大学逢魔が時に

久々に顔見る祖母と語る夜互いの紅白歌合戦を

『おめでとう』覚えてくれた誕生日会って言えよと少しにやける

巡り逢うこどもたちとも成長し絶対受かるぞ採用試験

声 仕草 その手に触れずに知れるかな会わずに好きでいられるだろうか

「パパになる」という友人会いに来て帰りし後に母の溜め息

日の出前銀色の箱は走り去る二度と会わぬ君をのせて

成人式友と再会懐かしい気持ち新たにまたあう日まで

久々に会う友達の顔変わらず中学のころとった写真と


以上
宮崎大学教育学部国語教育講座に来れば、短歌の詠める教員になれます。


最後に愚詠も記しておこう。
僕の今年が始まった瞬間に立ち会っていた「年越しライブ」で、桑田佳祐さんが繰り返し語った「逢瀬」という語彙を詠み込んだ。「いま」を生きることを大切にするということ。

今はいま明日は新たに生まれなむ「逢瀬」重ぬと佳祐のいふ(中村佳文)
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2621-5310b3f4

<< topページへこのページの先頭へ >>