家電品の寿命

2016-11-15
テレビ・冷蔵庫・洗濯機
果たして「寿命」はどのくらいなのか?
家電品も時代に即して・・・

あまり普段は使用しない部屋の電灯の具合が、急に悪くなった。「急に」とは書いたが、実はそうでないのかもしれない。あるいは「使用しない」ことで、悪化した可能性もある。衣類や靴に鞄などがそうであるが、使用しないで「保管」しておくと劣化しないかといえばそうではない。常日頃から活性化して使用してこそ、良い状態は保たれるものだ。たぶん「人間」も同じで、使用しない部位は退化してしまうのは、脳でも筋肉でも明らかなように思われる。家電品の場合、冷蔵庫は常に稼働しているわけであるし、テレビもスイッチが入れられない日はないであろう。洗濯機も同様であるが、この三品に関しては家電品で一番寿命が長いように思う。ほぼ10年以上は問題なく稼働し続けるのが一般的ではないだろうか。

「家電品に故障はない」という「神話」的な発想も、昭和の時代にはよく聞かれたような気がする。しかしながら、飛行機の墜落事故などを契機に「金属疲労」なる概念が社会に広まり、「機会は故障するもの」という”言い訳がましい”発想に変化したようでもある。それにしても、現在は多くの仕事の機能をPCが担っている場合がほとんどで、基本的に「故障」を前提としない発想で社会が動いているようにも思う。もちろん家電品も「小さなコンピュータ」が制御しているのも一般的になり、人間が担っていた「仕事」をPCや家電品が十分にこなしているのも稀ではない。「昭和の家電品の方が丈夫であった」という一部の人々の「思い込み」の真偽は、果たしていかに?”eco”を唱えるのであれば、やはり家電品も修理してでも使用するのが、あるべき発想であろうか。PCを中心とした展開の速いモデルチェンジを、僕たちは「家電品」と区別して考えなければならないのだろう。

人工知能の発達に伴って
「人間にしかできない発想」を育む教育が求められとも云う
僕の自宅では変わらず「街の電気屋さん」が家電品の保全を担ってくれている。
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2564-a83abefb

<< topページへこのページの先頭へ >>