抱き続ける思いー卒論というもの

2016-10-01
「卒論テーマは何か?」
ほとんど名刺代わりと言っても
人生最初期に築く記念碑的存在なのかもしれない

大学の学びも多様化し「卒論」を取り巻く考え方も変化したと聞く。だいたいにして、「・・・学士」という称号が氾濫するほど多くなり、どのような専門性があるのか、正直言ってわからないと思ってしまうこともある。それだけにやはり自分の意欲と意志で、自分の志向で、そして自分しかできない思考で成り立たせる一まとまりの「論考」には、大きな意味があるはずだ。僕自身の卒論を振り返っても、そこで考えたことは今も自己の根本的な問題意識に他ならない。そして指導教授との対話の大きな材料となり、今にして考えれば無駄に冗長に、よくも400字詰原稿用紙で250枚も書いたものだと思い返される。当時はまだ「手書き」清書による提出で、右手の中指にできた「ペンだこ」は、成果の一つの勲章でもあった。追い込みで清書が追いつかなくなり、三日三晩ほぼ寝ることもなく、次第に乱れた文字になりながら書き続けたあの日々は、その後の人生の大きな糧となったのは間違いない。

教師ならずともどんな職業に就こうと、やはり「卒論」での思いを抱き続けて欲しいと学生たちに求めたい。いやむしろ「思いを抱き続ける」テーマを選択せよということだろう。特に「教育学部」での卒論とあらば、22年間の人生で「学校」で学んだことの集大成といってよい。教員養成を旨とする学部であるゆえ(特に僕のゼミは)、その後の「教員生活」に対しても大きな指標となり、原点を顧みる定点観測”灯台”のような役割を果たすと考えるゆえだ。「教師」としてどんな「専門性」を持つかというのは、小中高の校種を問わず重要であると思われる。この日は、4年生の卒論中間発表会が国語教育講座(国語専攻)で開催された。教員採用試験などと並行しながら温めてきたテーマについて、ポスターセッション形式で後輩の学生たちと対話する時間が持たれた。研究室ごとにそれぞれ特有な色もあり、各自が考えたいことを「形」に成して表現していた。「並行しながら」と書いたが、「卒論」は大変重要な教員採用試験対策でもある。面接などを通じて、大学での学びを集約的に回答するには「卒論」の進捗状況が大きく影響するからである。概ね「アウトライン」が示された「卒論」、これから実りの秋にどれほどの収穫を重ねていくか、円熟させることへ期待が高まる。

俵万智さんの「卒論」は「(短歌)連作論」と聞く
個々の「具」が肉厚な「だんご串」になるのが「優れた連作」と位置付けたとか。
ちなみに僕の卒論テーマは「古今和歌集と中国文学」、原点回帰を思う今秋でもある。
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2519-db418073

<< topページへこのページの先頭へ >>