各教科とは人類の叡智を学ぶこと

2016-09-16
疑問・好奇心・問い掛け
愛情・豊かな情操・多様な価値観
小学校各教科・活動の根本を見つめ直して

附属小学校教育実習一斉視察2日目。午前中には引き続き研究授業、午後からは授業研究会の教科ごとの分科会・全体会と、実習生にとって総まとめの時間が続いた。課題を発見し、自己の能力では対処できないことを自覚し、知識を習得し表現出来る術を知り、実践してみて再びそれを振り返り自己の拙さを自覚する。「授業」を創るとは、そのようなまさに課題発見学習の典型的なものであり、学生たちはこれまでの大学での学びと習得している自己を試すかのように、万全を目指して授業を「現場」で展開した。机上の空論にあらず、児童たちにとって一生に一度の「授業」との出逢いとして、その責任も大きい。だが授業を終えた多くの実習生の表情を見るに、実に晴れやかな印象を受けた。

午後の全体会では、各教科や活動から講評が発表された。小学校とは全教科を教えるということもあり、こうした全体共有の時間も大切だ。僕自身も改めてその内容を聞いていて、大変勉強になった。「教材分析」「疑問」「好奇心」「自ら働き掛ける」「問い掛け」「コミュニケーションの喜び」「愛情」「実際に教師が作る(創る)」「環境」「身体」「考える楽しさ」「考えられるべき配慮」等々といった要点で、附属小学校の先生方は工夫を凝らして、実習生の「関心・意欲・態度」に働き掛ける講評を展開してくださった。聞いていて、これぞ小学校教員の底力だと僕は認識を新たにした。そして実習生への言葉へ。この素晴らしい「教師」という職業を、「万全」の先の先を見据えて、みなさんの「生活を変える」ことで求め続けて欲しい。

一生の記念碑となる教育実習
学部教員として其処に関わることで、僕自身の変革
「学校」って本当に素晴らしいですね!
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2504-2024601c

<< topページへこのページの先頭へ >>