ことばは自らの心を照らす光

2016-05-31
参観実習開始
公立実習後半
初めて実習現場に立つ2年生へ向けて

学部4年生は公立実習の後半を迎え、学部2年生が附属校での参観実習に入った。早朝から附属小学校へと向かい、教職員の先生方と学生が対面する「紹介式」に出席。校長先生の挨拶の後、学級ごとに先生方が紹介され、学生代表の挨拶。そして大学学部引率教員として僕が挨拶を行う段となる。実習指導をいただく校長先生はじめ教職員の先生方に感謝を述べ、そして実習生に対しての期待を述べた。ここに覚書としてその概要を示しておこう。

今日はみなさんにとって「記念日」です。人生で初めて公式に「先生」と呼ばれ、子どもたちと出逢う日であるからです。今の心境は如何でしょうか?「国語」で養う力でもある想像力を働かせてください、心の中で今あなたが教室の黒板の前に立っているとします。そこに現在の決意を板書してください。書けましたか?こういう際に「書いた人と書かない人」は、眼を見れば長年教師をやっていると分かります。こうした奥深い観察力を養えるよう実習に臨んでください。「ことばは光」だと云われます。自らの心、子どもたちの様子、先生方の経験豊かなご指導、すべてをことばで掬い取り、それを再構成して実習録に記してください。先日の事前指導の折、皆さんが横一列になって机椅子を教室まで運ぶ光景を見て、下校時の児童たちは何と言ったでしょうか?気付いた人もいるでしょう。そうです「ありんこの行列」と喩えていました。こうした豊かな「詩心」を見逃さないよう子どもたちと接してください。「詩心」といえば、有名な歌人の俵万智さんが宮崎に移住されたと、宮崎日日新聞などにも報じられました。万智さんの「宮崎百人一首」の歌に「宮崎のワイン豊かに酌みゆけば土地の縁とは人の縁なり」があります。これを本歌(本歌取り)として「輝く眼附小に学ぶ子どもたち実習の縁とは人の縁なり」をみなさんに贈ります。ぜひ成果ある出逢いを子どもたちと先生方と重ねて、実りある5日間にしてください。そして金曜日のこの場では、今以上に輝いた眼のみなさんとなっていることを期待しています。

かくして実習が始まった
公立校実習中の4年ゼミ生が、新聞の取材を受けて写真が掲載される
「土地の縁とは人の縁なり」と教育現場の深淵で関わっていることに喜びを覚えつつ。

関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2393-05efd801

<< topページへこのページの先頭へ >>