中庸の「怒り」は難しい

2016-03-21
「どこまで怒るかも大事ですね。」
ある知人からいただいた含蓄ある言葉
怒りで自滅すること勿れ

自分で思うようにいかない事態になると、向かう対象なき「怒り」のような感情が生じてしまい、行動が粗雑になってしまうことはないだろうか。この日の僕はまさにそんな状態に陥り、しゃぶしゃぶをしようと取り出そうとした土鍋をいい加減に扱い落下させて、その辺端を欠けさせてしまった。刹那、取り返しのつかない後悔の念が込み上げたが時既に遅し。自分が怪我をしたり、車をぶつけたりしないで、鍋が身代わりになってくれたと思うようにしたら、スッと怒りと後悔は落ち着いた。ある意味で「怒り」は、人を動かし人を豹変させる怪しげな力を秘めた感情のようにも思う。大河ドラマ「真田丸」は脚本よろしく、毎回の緊迫した進行に心が揺さぶられる場面が多いので実に魅せられている。この日も真田に対して「怒り」ある家康が、真田当主の幼馴染を焚き付けて暗殺を敢行させようとする。しかも次男・信繁の祝言の場を利用し相互に探り合いながらの展開には、座って見ていられないほどの緊迫感が演出されていた。権勢を得んがために幼馴染を殺めるか、また幼馴染に裏切られるか、といった感情のうちでの囲碁の対局は緊迫この上ない。さらには自己の祝言の場を「利用」されたことで、信繁や嫁の感情や如何に。この場面では、当事者2名ではない話の展開に鍵を握る人物が「怒り」を顕にしていた。どうやら視聴者である僕たちも、この人物に対する言葉にならない「怒り」で、この大河の展開に惹きつけられているようにも思われる。

「憎しみの連鎖を断ち切る行動」とは、大河ドラマ後のNHKスペシャル「映像の世紀」で語られた内容である。2000年代になってから、9.11に代表されるテロとそれを引き起こす社会構造は、世界に「怒り」を増殖させた。更には臨場感ある現場の映像を一般の市民がWEB上に手軽に投稿できるようになり、「怒り」への起爆要素が巷間に氾濫した。その一例が「アラブの春」であり、独裁政権を倒す力へと昂進した。また映像効果を十分に知り尽くした組織はそれを戦略的に使用し、体制側の「怒り」を煽り内部瓦解へと導く手引きをする。「憎しみ」はあらぬ差別を助長し排斥や攻撃へと連鎖していく。「怒り」のままに強硬姿勢を持てば持つほど、社会は均衡を失い平和と安全からは遠ざかる構造が立ち上がる。現状のこのくにの方向が、安全保障の上で躍起になっている要因に「対テロ」や「排外主義」があるのも、この連鎖に遅れじと自ら巻き込まれていく愚行に違いない。「聞いている人が呆れるほどの怒り」は何も産み出さず、「憎悪」の連鎖という幼稚な威勢を昂進させるばかり。とはいえ「形だけの怒り」などはすぐに見透かされてしまい、他者の言動に影響を及ぼすこともない。誠に中庸たる「怒り」の表現は難しい。

「理性によって欲望と行動を制御し
 過大と過小との両極端の正しい中間に身をおくこと。」
(「アリストテレスの徳論の中心概念。」日本国語大辞典「中庸」」の項目より)
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2322-a950a924

<< topページへこのページの先頭へ >>