2年で変化する環境

2016-01-18
スマホにポケットWiFi
2年継続まで違約金が発生
そろそろ更新時期がやって来たか

2年前に何をしていたか?などと考え、自己の変化を様々に探ってみる。仕事への馴染み方から自宅の居住環境など、細部にいくつもの変化が認められる。誠に時の流れは早くと感じる部分もあれば、様変わりした感覚に日々の歩みを見出すことも多い。その2年が10回繰り返され、更に1年が加わり21年間。阪神淡路大震災からの歳月を考えると、僕自身などは隔世の感がある。あの多くの犠牲者を悼み、壮絶な経験を忘れずに意識する的確な天災への対応。時代を超えて、2年がまた繰り返されている。

「2年」を意識させられたのは、スマホやポケットWiFiの契約解除可能な年数であるからだ。ひとたび契約すると「2年間」は解除違約金が発生する。その分、「お得」な値段であるという喧伝を信じて使用し続ける。何も新しい機種ごとに変更しようと考える程ではないが、OSとアプリとの互換性やら、表示方式の変更やらで、やはり「2年」ほど経過すると馴染まなくなってくる部分が気になって来る。また現在の赴任地での最初は、学生も多く居住するアパート住まいであったので、ネット接続環境も「ポケット」で十分と判断していた。出張先のホテルや公共の場でWiFiスポットが増えたこととも相俟って、通信量制限の掛かる「ポケット」を自宅のみで使用するのは、聊か不便を感じるようになった。こうした身の回りの通信環境とともに、研究や生活環境もやはり更新される時期が訪れているような気がしている。

1月も半月が過ぎた
今年は何かが上手い方向に進みそうな感覚
「2年」で過ぎ去りし環境を検討する時が来ている。
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2259-92611dbd

<< topページへこのページの先頭へ >>