新年を迎えるこころ

2015-12-31
正月飾りに鏡餅
大掃除をしてすっきりした気分
新年を迎えるこころを大切にしたい

穏やかな年末を迎えている。というのも、ようやく現在の居住地の年末年始に慣れて来たと実感できるからだ。もちろん、郷里である東京に帰省するという選択もある。下町である故郷の大晦日やお正月の空気感が、たまらなく好きでもある。だがしかし、向こう3年間の年末年始は此処で過ごしている。今年は特に年明け早々に両親がやって来て、比較的暖かい南国で正月を過ごしてもらう。それを考えると、下町情緒よろしく自宅をすっきり掃除して正月飾りや鏡餅を供えたくなったわけである。というわけで、正月飾りを目当てに地元で馴染みの産直市場に出向いてみた。すると藁を編んで稲穂を添えて寿の扇と鶴の形をあしらった手作りの正月飾りを販売していた。スーパーでビニールに包装された既製品とは違う、農家の手作り感漂う一品が大変気に入った。

小学生の頃から妙な子どもで、僕は大掃除が大好きだった。自分の部屋はもとより、リビング・階段・照明器具に至るまで、できるところは徹底して掃除したかった。ある時、父方の祖母が「もういいのにしなよ」といって、あまりに僕が掃除に専心し過ぎている姿を気に留めて、声を掛けてくれたのが今でも記憶に残っている。だが、そう言われるとむしろ徹底的に更に掃除を続けるのが僕の性分だった。どうもこの姿勢は、今も研究に臨む態度に共通したことがあるようにも思う。やりたいことは、とことん追究しようとする気分である。大掃除を完遂したという気持ちの満足感と、その果てに正月飾りや鏡餅を供える爽快感。しばらくは忘れていたこころを、今年は取り戻した気がしている。

29日は「苦が待つ(末)」31日は「一夜飾り」
28日までが適切とされながらかろうじて30日に間に合った
新たな決意で新たな年を迎えるこころを大切にしたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2240-c7731ba4

<< topページへこのページの先頭へ >>