fc2ブログ

圧力鍋では真に煮込めないか

2015-10-24
手早く煮込めるのが利点
だが圧力鍋では本当に美味しい煮物はできないのか?
一気に事を決しないことの尊さを考える

時間に追われている現代人にとって、安らぎの場所が一つや二つ欲しいものだ。僕の場合は、1、2ヶ月に1回はそうした場所を訪れる。身を預けて髪を整えてくれる処、そしてすこぶる足元の安定するカウンターのある隠れ家である。そうした場所での話は、なぜかとても哲学的な色彩を帯びる。この日も偶然に会った方と話していると、「圧力鍋よりじっくり時間をかけて目をかけて煮込む方が美味しい料理ができる」といった話題となった。実際に比較したことがあるわけでもなく、圧力鍋そのものを使用したことも殆どないが、妙に納得してしまった。

昨今、何事も早く効率的な方が良いとされる世の中となった。遅滞したり迂遠であるのは忌避されるのが必定である。だが、じっくり時間をかけた行動にこそ、核心的なものが成立する要素があるのではないだろうか。じっくり行うには、それなりの忍耐と繊細さが必要となる。具材がどれほど煮詰まったかと、常に配慮する優しき心掛けが求められる。遠回りをした道で、掛け替えのない人に出逢うこともあるかもしれない。あまりにも早かったりする行為には疑いの目を向けるべきだろう。きっと心なく対象に背き、暴力的に事を解決しようとする思想が潜んでいるに違いない。

「自己への懐疑と疎隔化」
じっくり行う尊さを思い出そう
脈々と丹念に・・・・・
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/10/26 22:38] | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2172-0e79b45d

<< topページへこのページの先頭へ >>