fc2ブログ

Facebookの教え子たち

2015-09-30
1枚の卒業式写真
FBで繋がっていることで
蘇るあの頃そしていまの人生・・・

Facebookとは誠に便利なもので、日常的に連絡を取り合わなくとも、相互の近況を常時知ることができる。1年いや数年ぶりに会った友人でも「あまり久し振りには思わないね」と言って、近況を話題にした会話に興じることができるほどだ。これが以前であれば、何らかの「名簿」を引っ張り出して、せいぜい「年賀状」を出し合い「年1回」の交流を続けるだけとなっていたはずだ。連絡先はわかるのだが、実に形骸化した付き合いとなっていたのである。(現に年賀状のみで、こうした付き合いの知人・友人も多い)それに引き替え、前述したFacebookの効用は誠に大きいと賞讃に値する。

この日は、僕の初任校の教え子が「卒業式」での写真をメッセージに載せて送ってくれた。遥か20年以上も前の1ショットである。当人のことは大変印象深い生徒として記憶に保存されていたが、最近Facebookで繋がったことで、その記憶が更に覚醒された感がある。当時、どんな進路面談をしていたかとか、どんな部活でどのような嗜好を持っていたかなど、あらためて僕の脳裏に浮上して来た。人間の記憶というのは誠に「お調子者」である。否、こうした回想で活性化すればするほど、隠れたハードディスクに格納された記憶が蘇るということ。さすればFacebookによって、人生の記憶はより複層性をもったものとして彩られるということだ。

あの日あの頃
回想の中の青臭い自分自身
教え子もまた人生の一端に、僕との写真を置いてくれている。
関連記事
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://inspire2011.blog.fc2.com/tb.php/2148-3e3ac2c0

<< topページへこのページの先頭へ >>